健康本

健康本のまとめを紹介しています。睡眠、ダイエット、美容、疲労回復、病気など健康管理に役立つ情報や本を探すことができます。

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

「心は鍛えるものではなく、整えるもの」勝利をたぐり寄せるための8つの習慣!

はじめに『心は鍛えるものではなく、整えるものだ。いかなる時も安定した心を備えることが、常に力と結果を出せる秘訣だ。自分自身に打ち勝てない人間

Sho1NakagawaSho1Nakagawa
16082viewsお気に入り数:20
悩む力 (集英社新書 444C)

悩んだ時のバイブル書!「悩む力」

はじめに何回読んだか覚えていないが、大体この本を手にする時は悩んでるとき。というよりも悩んでいるときに限ってこの本がそばに置いてあったりする

whimsical_bonwhimsical_bon
3412viewsお気に入り数:4
心が軽くなる本―「不安」を「安らぎ」に変える57のヒント (PHP文庫)

精神的に弱い人におすすめ!「心が軽くなる本―「不安」を「安らぎ」に変える57のヒント」

はじめに自分のことを「精神的に弱い」と感じている方におススメしたいのが本書です。私自身、ストレスに弱くてお腹を下してばかりの時もあったのです

matomestagrammatomestagram
3589viewsお気に入り数:3
脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)

脳の仕組みを理解し、悪い習慣をやめ脳を活かそう!「脳に悪い7つの習慣」

まえがき「頭の働きを良くする」には、「脳に悪い習慣」をすべてやめればいいだけ脳の仕組みを理解し、悪い習慣をやめ、脳を活かすための具体的な方法

yukasiyukasi
47488viewsお気に入り数:33
「続ける」技術

禁煙、禁酒、ダイエット…何も続かないあなたに贈る! 行動科学を応用した「続ける」技術

続ける技術・行動の二つのパターン⇒不足行動を増やす。過剰行動を減らす。・物事を続けるために増やしたいと考えている行動、減らしたいと考えている

hisahisahisahisa
3813viewsお気に入り数:6
脳の科学史  フロイトから脳地図、MRIへ  角川SSC新書 (角川SSC新書)

脳研究の成果を「脳の科学史」の視点から解説!

概要脳研究の成果を科学史の視点から俯瞰する。著者はMRI(磁気共鳴画像法)の開発を手掛けた脳科学者。脳と電気脳神経の情報伝達は電気が担う。1

折笠 隆折笠 隆
4026viewsお気に入り数:1
モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

モチベーション3.0から実践したい6つのポイント

原題は"Drive"仕事のモチベーションは?と聞くと、10人中8人くらいは「やりがい」と答える。しかし、

ossamossam
4536viewsお気に入り数:6
4時間半熟睡法

4時間半熟睡法から睡眠に役立つ知識をまとめました!

睡眠に関する知識・適正な睡眠時間は6.5~7.5時間・睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠を90分ずつ繰り返す・三時間以下の睡眠を続けると視覚関連

kinoshitaykinoshitay
4722viewsお気に入り数:7
10-10-10 人生に迷ったら、3つのスパンで決めなさい!

人生は十分後にどうなるか、十ヶ月後にどうなるか、十年後にどうなるかで考えよう!

私は●●すべきかどうか?十分後にどうなるか、十ヶ月後にどうなるか、十年後にどうなるか今すぐに出る結果、近い将来に出る結果、遠い将来に出る結果

shumaishumai
2219viewsお気に入り数:1
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

良い習慣が脳を生まれ変わらせる! 「脳が冴える15の習慣ー記憶・集中・思考力を高める」

良い習慣が脳を生まれ変わらせる。習慣1生活の原点を作る脳を活性化させる朝の過ごし方。足・手・口をよく動かそう・朝起きる時間を決めて、生活のリ

kirinetterkirinetter
3823viewsお気に入り数:4
アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及!イライラ、ムカムカを一瞬で変える技術

怒りを抑えるための「アンガー・マネジメント」テクニック

怒りを抑える「アンガー・マネジメント」4つのテクニックストップシンキング:頭の中に空白を作るディレイテクニック:反応を遅らせるグラウンディン

hisahisahisahisa
3620viewsお気に入り数:2
成功と幸せのための4つのエネルギー管理術―メンタル・タフネス

仕事で疲れなくなるエネルギー管理術! 「メンタル・タフネス」をマスターしよう!

メンタルタフネスへの道・フルエンゲージメント:朝は意欲に燃え出社し、夕方には同じ幸せな気持ちで家庭を目指せること。仕事の家庭の間にははっきり

hisahisahisahisa
2868viewsお気に入り数:8
4時間半熟睡法

私の睡眠長すぎ!? 4時間半睡眠で効率よく生きる方法

4時間半睡眠法・4時間半睡眠を4日間続けても、通常の長さの睡眠を1日とるだけで、その不足分を回復できる。平日は4時間半の睡眠で乗り切る。土日

hisahisahisahisa
36846viewsお気に入り数:24
フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)

脳をボケ(フリーズ)させないためのヒント集

【フリーズする脳】1章・脳と言うのは基本的に怠け者で楽したがるように出来ている・最初は忙しいからやらないつもりでも、いつの間にか苦手になり、

Hashi26rHashi26r
9290viewsお気に入り数:5
この世の中を動かす暗黙のルール―人づきあいが苦手な人のための物語

人間関係8つの暗黙のルール

1.人は感心を共有する者を仲間だと認める。関心を共有しない者は仲間から排除される。2.見捨てられたものほど、認められたがっている。人が見向き

shumaishumai
2838viewsお気に入り数:1
モチベーションを思うまま高める法

モチベーションを高めるハックス

モチベーションを高めると・「仕事」「勉強」が面倒でなくなる・他人の視線が気にならなくなる・自分の成長を実感できる・人生の目標がハッキリ見える

cryhedcryhed
3401viewsお気に入り数:2
疲れない体をつくる免疫力 (知的生きかた文庫)

あなたの体はどちらのタイプかテスト!交感神経と副交感神経どっちかな?

日常的な疲れを放置し、無理な生きかたを続けるといずれ大病してしまう。本書は、【疲れ】を自律神経の観点から分析し、疲れのタイプを大きく2つにわ

hisahisahisahisa
4407viewsお気に入り数:2
史上最強の人生戦略マニュアル

人生の問題を解決する考え方

人生の問題を解決する考え方・不当なことであっても、それはそれとして、対処しなければいけない・ゲームのルールを知り、計画と地図を持つ・無気力は

hisahisahisahisa
3868viewsお気に入り数:5
脳をやる気にさせるたった1つの習慣ーなぜやりたいことを書きだすと実現するのか?-

脳をやる気にさせ、夢を叶える習慣

【まえがき】ー脳はもともと怠け者だった!ー●失敗を恐れたり外的要因から諦めてしまったり、やる気をなくして行動を起こすことができない理由は「脳

Maexit16Maexit16
6219viewsお気に入り数:12
人を動かす 新装版

「人を動かす」の中から厳選! 人間関係を改善する9つの考え方

1.盗人にも五分の理を認める極悪人も、自分では悪人と思っていない。受刑者で自分のことを悪人と考えているものはほとんどいない。人は自分がどんな

hisahisahisahisa
16072viewsお気に入り数:26