健康本

健康本のまとめを紹介しています。睡眠、ダイエット、美容、疲労回復、病気など健康管理に役立つ情報や本を探すことができます。

漢方による精神科治療―東洋医学思想と精神医学との出合い

西洋医学と東洋医学の治療観点

治療観点東洋医学では全身をひとつの有機体と考え、病巣のみでなく、その関連器官すべてを含めた治療を行う。西洋医学検査データの平均値から、、一定

tamatama
291viewsお気に入り数:1
東洋医学が教える脳の「養生法」

奇恒の腑の不調

奇恒の腑とは脳、髄、骨、脈、胆、胞宮の6つを指し、その機能や性質は五臓と似て、精気を貯蔵し、身体の成長活動の源となる。一方で、形は腑に似てい

tamatama
308viewsお気に入り数:1
アトピービジネス (文春新書)

ステロイドの強さ

5つのランク外用のステロイド剤(塗り薬)は、体内への吸収度の違いにより下記の5段階に分けられる。ここで言う薬の強さとは、体内に吸収されやすい

ryoko07ryoko07
355viewsお気に入り数:0
がんを告知されたら読む本―専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん

がん告知をどう考えるか

がん告知の現状どのような状態なのか・患者の体と人生に関わる最終決定は、当然患者の意思が尊重されるべきであるという「患者中心の医療」の考えが広

purinpurin
320viewsお気に入り数:0
大原さんちの食う・寝る・ココロ 東洋医学はじめの一歩

六腑の不調

六腑の失調は消化、排泄機能を中心に不調をもたらす。胆胆の機能が失調すると、おもに胆汁の分泌・貯蔵に障害が起きる。また情緒不安定にもなる。表裏

tamatama
314viewsお気に入り数:1
徹底図解 東洋医学のしくみ―気・血・津液から鍼灸、漢方治療まで

五臓の不調

肝肝の蔵血作用と疏泄作用が失調すると、気機の調節不調、脾胃の運化低下、情緒の障害、目や筋の異常が生じる。肝血虚肝血が不足し、肝の機能が低下し

tamatama
215viewsお気に入り数:1
東洋医学で病気に克つ読体術―病気診断・対策編 (健康双書)

気血津液の不調

気の不調気虚気の量が不足、または機能低下した病態。エネルギー不足、発育不全、冷えや下痢、かぜをひきやすいなど。治療は「補気」。●自汗:普段か

tamatama
209viewsお気に入り数:2
ポジティブの教科書―自分も周りの人も幸運体質になる3つの基本と11の法則

ポジティブの教科書

お茶の入った湯のみがあります。あなたは、お茶をひと口飲みました。さて、どう思うでしょうか?あなたがこの世に生まれた確率を知っていますか?「こ

purinpurin
275viewsお気に入り数:0
カラー図解 東洋医学基本としくみ

気・血・津液の概念

生命活動を維持するための3物質気生命活動の根幹をなすエネルギー源。活動性を持った精微な物質で、絶えず動いて全身を巡る。【主な5つの作用】①推

tamatama
249viewsお気に入り数:1
生涯健康脳 こんなカンタンなことで 脳は一生、健康でいられる! (いきいき健康シリーズ)

健康脳生活

脳はまだまだ元気になる加齢とともに体の機能はどうしてもていかしていきます。脳も例外ではありません。「歳だから」と何もしないでいると、脳の働き

purinpurin
215viewsお気に入り数:0
プラセンタ療法と中医学の調整作用~陰陽五行説に基づき更年期症候群を改善 (ふるさと文庫)

陰陽五行説について

陰陽論あらゆるものには「陰」と「陽」がある世の中のすべてのものを陰と陽に分けて対立する関係とした二元論。太陽と月、昼と夜、夏と冬、明と暗、男

tamatama
271viewsお気に入り数:1
東洋医学 (岩波新書)

東洋医学の成立と発展

アジア発祥の医学の総称「東洋医学」東洋医学とは広義にはアーユルベーダやユナニー、チベット医学を含むが、通常、日本で用いられる東洋医学という言

tamatama
323viewsお気に入り数:1
あなたの健康法はカラダに悪い

あなたの健康法はカラダに悪い

多くのデータから一般的に信じられている健康法は違っている多少太っている方が、痩せているより健康にいいBMI25~30のやや肥満が一番長寿で、

purinpurin
346viewsお気に入り数:0
プロが教える東洋医学のすべてがわかる本 (史上最強カラー図解)

東洋医学的なカラダの仕組みを理解しよう

現代解剖学と東洋医学では、器官の持つ意味が異なる。東洋医学の臓腑と西洋医学の内臓は別物と思ってよい。体腔内にある臓器類をまとめて五臓六腑とい

tamatama
334viewsお気に入り数:1
生活習慣病の薬―気になる知りたい効果と副作用 (別冊NHKきょうの健康)

重大な副作用

悪性症候群向精神薬などの使用中に38℃以上の発熱、意識障害などの精神症状、筋硬直、振戦、嚥下障害などの神経症状、発汗、頻脈などの自律神経症状

tamatama
313viewsお気に入り数:0
〈麻薬〉のすべて (講談社現代新書)

麻薬の取り扱い

麻薬の購入・麻薬譲渡証と麻薬譲受証の交換が必要・麻薬譲受証の押印は、代表者印または麻薬専用印・同一都道府県内の業者からのみ購入可能・いったん

tamatama
311viewsお気に入り数:0
カルテ&レセプト略語16000―傷病・検査・処置・手術・薬剤等の臨床略語全集

医療関連文書の保存期間

2年間保存診療に関する諸記録(院内処方箋)病院日誌各科診療日誌処方箋手術記録エックス線写真入院診療計画書処方箋医薬品の販売・授与に関する記録

tamatama
237viewsお気に入り数:0
「心の疲れ」がスッキリ消える簡単ヨガ

座りながらでもできる簡単ヨガ

ヨガの効果ヨガは有酸素運動や筋トレ、スポーツなどのように体を動かすタイプの運動ではなく、呼吸とポーズを取ることで筋肉を使い、体のバランスを取

tamatama
320viewsお気に入り数:1
10歳若返る!「インターバル速歩」の秘密―これが、2000人が実証した超かんたん健康法だ!

うつ状態の改善にも良いインターバル速歩

インターバル速歩とは?ややきついと感じるくらいの「早歩き」と「ゆっくり歩き」を3分間ずつ交互に繰り返すウォーキングのこと。ウォーキングをして

tamatama
299viewsお気に入り数:1
本音で語る医療と健康―活性酸素の弊害とSODの必要性

活性酸素の害と、それを防ぐSODの重要性

美容や健康への関心が高い人であれば、活性酸素という言葉を目にする機会は多いのではないでしょうか。しかし、「身体によくない物質だ」ということを

tamatama
203viewsお気に入り数:1