健康本

健康本のまとめを紹介しています。睡眠、ダイエット、美容、疲労回復、病気など健康管理に役立つ情報や本を探すことができます。

魔法のシュガーバス&シュガースクラブ&シュガーパック

身近なお砂糖でしっとり、トラブル知らずの美肌になりたい!

スキンケアで一番大切なのは、保湿です[本文より|肌トラブルの多くは、乾燥によって肌のバリア機能が低下することで起こります。砂糖で作るシュガー

キャノン美佳キャノン美佳
98viewsお気に入り数:0
医薬品と飲食物・サプリメントの相互作用とそのマネージメント―一目でわかる

食品等と医薬品の相互作用例

グレープフルーツジュースCYP3A4阻害(血中濃度↑)Ca拮抗薬、ベンゾジアゼピン系薬、スタチンなど効果発現の遅延レボチロキシンNa効果減弱

tamatama
69viewsお気に入り数:0
専門医がやさしく教える高血圧―血圧をコントロールし、合併症を防ぐ生活の心得

高血圧治療薬(配合剤)

ARB+Ca拮抗薬アイミクスイルベサルタン+アムロジピンアテディオバルサルタン+シルニジピンエックスフォージバルサルタン+アムロジピンザクラ

tamatama
121viewsお気に入り数:0
栄養学原論

体調を整えるビタミン

吹き出物や徹夜による体調不良のときは、ビタミンの補充で体調をカバーしたい。ビタミンはほとんど体内で合成されないので、食品やサプリメントから摂

matonmaton
101viewsお気に入り数:0
アレルギー医療革命 花粉症も食物アレルギーも治せる時代に!

アレルギー対策

アレルギー性疾患になる人の数は、食生活や大気汚染、ストレスなどを要因として増え続けている。アトピー性皮膚炎と花粉症が合併すると、さらに悪化す

akeminakemin
85viewsお気に入り数:0
メタボの常識・非常識―健康な人を「異常」にする日本だけのシステム (ブルーバックス)

メタボリックシンドロームの予防

メタボリックシンドロームとは生活習慣病を防ぐ基準として生まれた。内臓脂肪型肥満により、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態。なぜ内臓

akeminakemin
113viewsお気に入り数:0
病気にならない一生の習慣 (ワニブックスPLUS新書)

生活習慣病のセルフチェック

概要動脈硬化が原因となって、心疾患や脳血管疾患が引き起こされる。動脈硬化は糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病と関連している。こういっ

akeminakemin
111viewsお気に入り数:0
一生インフルエンザにかからない体質の作り方

インフルエンザ対策

インフルエンザについてインフルエンザの予防法●使ったティッシュはゴミ箱に捨てる。●咳やくしゃみなどの症状のある人は必ずマスクをつける。●咳や

akeminakemin
141viewsお気に入り数:0
栄養学原論

ビタミンまとめ

脂溶性ビタミンA(レチノール)●皮膚、粘膜を正常に保つ●暗順応や視力を保つ(薄暗いところで物が見えにくい人、肌が乾燥してザラザラする人、妊婦

akeminakemin
99viewsお気に入り数:0
捍衛中医(中国語) (中医新世紀大論戦)

中医師問診例

病人としては元気があるか●元気がある   →【表実】●元気がない   →【表虚】「病人としては」という意味は,通常の健康な状態の時との比較。

tamatama
90viewsお気に入り数:1
病気にならない一生の習慣 (ワニブックスPLUS新書)

生活習慣病のセルフチェック

概要動脈硬化が原因となって、心疾患や脳血管疾患が引き起こされる。動脈硬化は糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病と関連している。こういっ

matonmaton
142viewsお気に入り数:0
病気にならない 漢方生活 (中経の文庫)

四診について

東洋医学特有の診断法、四診望診患者の動作や状態を見て観察する方法。体型や動作、顔色、舌の色や状態などを見て行う診断法。分泌物や排泄物の変化を

tamatama
149viewsお気に入り数:1
医療事故防止のリスク・マネジメント―患者を守り、病院を守るには、システムづくりと人のマネジメントが必要だ (New Medical Management)

調剤事故、無資格調剤の実例

秋田県、アイランドファーマシーの事例てんかん発作を起こし救急搬送●特定の薬を調剤し忘れる調剤事故が3件連続発生。処方薬である抗けいれん薬(ア

tamatama
133viewsお気に入り数:0
ケイ素でキレイになる!  海外セレブが愛用する「美のミネラル」

「美のミネラル」ケイ素(シリカ)がわかりやすい!

PART1 ケイ素の美容効果と健康効果美容効果瑞々しい肌ダイエットに、むくみ解消デトックス効果爪の強化美髪アンチエイジング健康効果腸内環境を

キャノン美佳キャノン美佳
158viewsお気に入り数:0
漢方による精神科治療―東洋医学思想と精神医学との出合い

西洋医学と東洋医学の治療観点

治療観点東洋医学では全身をひとつの有機体と考え、病巣のみでなく、その関連器官すべてを含めた治療を行う。西洋医学検査データの平均値から、、一定

tamatama
146viewsお気に入り数:1
東洋医学が教える脳の「養生法」

奇恒の腑の不調

奇恒の腑とは脳、髄、骨、脈、胆、胞宮の6つを指し、その機能や性質は五臓と似て、精気を貯蔵し、身体の成長活動の源となる。一方で、形は腑に似てい

tamatama
162viewsお気に入り数:1
アトピービジネス (文春新書)

ステロイドの強さ

5つのランク外用のステロイド剤(塗り薬)は、体内への吸収度の違いにより下記の5段階に分けられる。ここで言う薬の強さとは、体内に吸収されやすい

ryoko07ryoko07
157viewsお気に入り数:0
がんを告知されたら読む本―専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん

がん告知をどう考えるか

がん告知の現状どのような状態なのか・患者の体と人生に関わる最終決定は、当然患者の意思が尊重されるべきであるという「患者中心の医療」の考えが広

matonmaton
152viewsお気に入り数:0
大原さんちの食う・寝る・ココロ 東洋医学はじめの一歩

六腑の不調

六腑の失調は消化、排泄機能を中心に不調をもたらす。胆胆の機能が失調すると、おもに胆汁の分泌・貯蔵に障害が起きる。また情緒不安定にもなる。表裏

tamatama
140viewsお気に入り数:1
徹底図解 東洋医学のしくみ―気・血・津液から鍼灸、漢方治療まで

五臓の不調

肝肝の蔵血作用と疏泄作用が失調すると、気機の調節不調、脾胃の運化低下、情緒の障害、目や筋の異常が生じる。肝血虚肝血が不足し、肝の機能が低下し

tamatama
128viewsお気に入り数:1