生き方の本

生き方の本のまとめを紹介しています。ニート、フリーター、ビジネス社会の生き抜き方などいろんな生き方がわかる情報や本が見つかります。

「菜根譚」が教えてくれた 一度きりの人生をまっとうするコツ100

長い目で見ると正しい生き方を貫いた人の勝ち!不名誉は死んだ後にも続いてしまう。

【目次】第一章 調子がいい時こそ、自らを戒めて1.最後に勝つのは…。2.心まで環境に染まらない。3.にせエリートの条件。4.一流が一流に見せ

hisap0hisap0
1700viewsお気に入り数:0
学校は行かなくてもいい ――親子で読みたい「正しい不登校のやり方」

「不登校でも大丈夫な生き方」を伝えたい

この本で一番大事なこと保護者の皆さんや学校の先生方は、「学校に行かない」ことを「逃げてる」と感じるんじゃないかと思います。そこには「卑怯だ」

hisap0hisap0
2728viewsお気に入り数:1
後悔しない生き方 人生をより豊かで有意義なものにする30の方法

たった一度の人生、だから後悔はしない生き方を選ぼう。

「後悔をしない生き方」とは何なのか、それは自分自身でもよく考えることである。しかしどのようなものなのかわからないときが時々ある。そこで本書で

kuramaekuramae
3569viewsお気に入り数:0
一生折れない自信のつくり方 文庫版

人は自分が考えているとおりの人間になる

この本で一番大事なこと「自信があります!」と胸を張って言える人は、いったいどのくらいいるでしょうか?なぜ自信がつかないのか?ニュースを見れば

hisap0hisap0
3684viewsお気に入り数:0
ずっと「イヤ」って言いたかった。

まずは第一歩

自分が少しそんな目にあっても何となく周りに合せて上手くやってきたけれど、実は心の中ではすごく不満で、自分の身内以外と接触するのがすごく不安だ

くまくまくまくま
7107viewsお気に入り数:0
あした会社がなくなっても生きていく12の知恵〈ストーリー〉

「いつ辞めても大丈夫」という備え

≪目次≫第1編 「組織人の時代』から「フリーランサーの時代」へ 「こんなはずじゃなかった」時代を生きていくために フリーランサーという名の「

hisap0hisap0
8206viewsお気に入り数:0
きょうも天気

老いと共にある

初出一覧を見ると少し若い頃に書かれた作品もあるが、書き下ろしの、現在の気持ちを詠んだ詩も多い。すんなり共感できない作品もあるが、共感できる作

くまくまくまくま
7305viewsお気に入り数:0
快適な不登校: まだ学校、行ってるの? [kindle版]

学校に行かないって、ひとつのちいさな選択肢に過ぎないって、だれか言ってあげてよ。

■不登校日記(1)「学校が急に嫌になった」私が学校に行かなくなったのはには訳がある。学校が急に嫌になったの。つまらない授業。入って行けない友

hisap0hisap0
5879viewsお気に入り数:1
退屈のすすめ

退屈は、使いようによって人生は豊かになる。

私自身、仕事が多く、なおかつやることも多いため、退屈になることは少ないのだが、時として退屈になることもある。そういった状況になると、自堕落な

kuramaekuramae
2026viewsお気に入り数:0
ぼくは猟師になった (新潮文庫)

シカやイノシシを取るワナ猟師になった前と後。

 ワナ猟の猟師になった著者(1974年生まれ)が、自分が猟師になりたいと漠然と思っていた時、実際に猟師になった方の体験記が見当たらなかったこ

カタカナカタカナ
3304viewsお気に入り数:0
老いに振り回されない生き方 養生訓に学ぶ (幻冬舎ルネッサンス新書 い-2-2)

健康と人生を養生訓で学ぶ

自分自身まだまだ年寄りというわけではないのだが、もうそろそろ30歳になる。30になれば、後は老年を迎えるまであっという間だと言うことを考える

kuramaekuramae
5216viewsお気に入り数:0
ハリネズミの願い

『僕はただ、素敵なお茶をしたいだけのに。』

人付き合いが苦手なハリネズミ。友達のいない彼が憧れるのは、何でもない様な幸せな時間。キリンならきっと、リスのあの子だったら。絵本の様な調子で

まーまー
5586viewsお気に入り数:0
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)

7年半の自転車紀行エッセイ

自転車で世界一周することが夢であった著者。世界一周できる目標金額には達成したものの、安定した人生をとるか、エキサイティングな人生をとるか。人

チャリンコチャリンコ
10608viewsお気に入り数:0
生き方の流儀

生き方にも人それぞれの「流儀」がある

「生き方」と言うものにも「流儀」があるのだろうか、と言う疑問をもってしまうようなタイトルであるが、将棋棋士の故・米長邦雄氏と評論家の渡部昇一

kuramaekuramae
4319viewsお気に入り数:0
今は苦しくても、きっとうまくいく

だからでこそ「明けない夜はない」

人生の中で「苦しい」と感じるときは何度かある。私自身も今まさにそのときかもしれないのだが、「苦しい」時が学生でも社会人でも、今やっている仕事

kuramaekuramae
665viewsお気に入り数:0
君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

人の死にどう立ち向かうのか

僕は、クラスメートで、全く反対側にいる存在、山内桜良と病院で出会った。そこで、彼女の秘密を偶然にも知ってしまう。桜良は、この日を境に、僕と同

kaerumamakaerumama
392viewsお気に入り数:0
「ツキ」の科学 運をコントロールする技術

運はコントロールできる

◆運をめぐる不思議な旅運のいい人は<1>社交性に富む多数の人と有効的な関係を築いている。幸運は常に他人からもたらされるものなので、多くの人と

cocotomitcocotomit
411viewsお気に入り数:0
幸も不幸もないんですよ

因果応報や感謝について改めて考えさせられます

この本で一番大事なこと恵まれていることに感謝をする、ということを常に忘れてはいけない。4 穏和な家庭と夫婦の話・人間関係の大法則投げかけたも

cocotomitcocotomit
308viewsお気に入り数:0
赤塚不二夫 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)

ギャグとは破壊である。ギャグ漫画界の風雲児”赤塚不二夫”、共に生きた方々が語る不滅の精神

元フジオ・プロメンバーや各界の関係者、ファン達が、赤塚不二夫と赤塚作品の魅力を語り尽くす。記載者一覧を紹介(敬称略)。赤塚不二夫の縁者達・赤

カタカナカタカナ
587viewsお気に入り数:0
これからの本屋

『本屋』とはどんな人のことをいうのだろう?

本屋とは?本屋さんというと、お店で働く書店員の方々を思い浮かべる。けれど、この本で紹介されている『本屋さん』は実際の店舗で働く人ばかりではな

国中千鶴国中千鶴
425viewsお気に入り数:0