生活本

生活本のまとめを紹介しています。ライフスタイル、家族、家事、教育、趣味、旅行など生活に役立つ情報や本を紹介しています。

発達障害の子の立ち直り力「レジリエンス」を育てる本 (健康ライブラリー)

落ち込んでもまた立ち直る力「レジリエンス」を育てるために親ができること

* 家庭は子どもの居場所であり、同時に家族が節度を保って共同生活をする場所でもある。2つのバランスを意識し、「居場所」の重視しすぎで家庭のル

こころとまなぶこころとまなぶ
504viewsお気に入り数:0
これからの本屋

『本屋』とはどんな人のことをいうのだろう?

本屋とは?本屋さんというと、お店で働く書店員の方々を思い浮かべる。けれど、この本で紹介されている『本屋さん』は実際の店舗で働く人ばかりではな

国中千鶴国中千鶴
442viewsお気に入り数:0
お母さん あの時 学ばせてくれて ありがとう ~未来が明るくなる幼児教育~

お母さん あの時 学ばせてくれて ありがとう ~未来が明るくなる幼児教育~

二人の息子を東大生に‼︎子供が生まれて子育てをはじめた頃、私は本当に普通の母親でした。そんな私でも何と・・・二人の息子を東大生に‼︎子育て真

hyng1031hyng1031
746viewsお気に入り数:0
子育てに大切なのはお母さんが楽しく生きることです。

不安と孤独でいっぱいの「ワンオペ育児ママ」を救い、ハッピーにする一冊

子育てとは、自分で自分を幸せにすることができる人を育てることですママが楽しければ、子どもはすくすく育つ!親やご近所の助けもない現代の子育てマ

せせらぎせせらぎ
821viewsお気に入り数:1
悪の正体 修羅場からのサバイバル護身論 (朝日新書)

”悪”は人間と人間の関係の中から生まれる。”悪”に鈍感になってはいけない。

悪とは何か伝統的な3つの“悪”1)故意に他者を苦しめるときに発生する“悪”※外科医が治療を行う上でやむ負えず患者に与える苦痛は除く2)病気や

カタカナカタカナ
718viewsお気に入り数:0
子供の名前が危ない (ベスト新書)

子供の名前が読めない! 間違われる! 将来子供に不便をかけない為に。

将来自分の子供にキラキラネームは付けたくない。人に不快感を与えたり、いつも読み間違えられたり……子供が不便に思うような名前はつけるべきではあ

MayMay
837viewsお気に入り数:0
政略結婚

女の幸せって何だろう

江戸時代、武家の家は政略結婚ばかりだった。勇も、やはり、顔も知らない殿方へと嫁ぐ運命だった。元来のんびり屋の勇の、お相手は、色の白いおだかや

kaerumamakaerumama
727viewsお気に入り数:0
みかづき

子を持つ親、必読!

小学校の用務員の大島吾郎。1人の子どもの勉強出来ないの一言がきっかけで、用務員室で、大島教室なるものが開かれるようになる。そこで、吾郎は、人

kaerumamakaerumama
697viewsお気に入り数:0
ジャッジメント

死を前に両者の葛藤が興味深い

20××年。凶悪な犯罪が増加する日本で、新しい法律が生まれた。それが復讐法だ。犯罪者から受けた被害内容と同じことを合法的に刑罰として執行でき

kaerumamakaerumama
801viewsお気に入り数:0
楽しく作って賢く遊ぶ! 子どもの発達を促す知育おもちゃ

手作りおもちゃ

ベビー人形色形手先生活遊び動く水遊びクラフト音学習の分野に分けて色も綺麗なおもちゃが紹介されている型紙も付いているので等倍や拡大で同じ物が作

わた飴わた飴
657viewsお気に入り数:0
水は答えを知っている (サンマーク文庫)

あなたは水の事をちゃんと知っていますか?

身体の70%を占める水の事をよく知らないということは、自分の事をよく知らないということなのかも、、と思わされた気がします。水の結晶云々は置い

cokumbiacrestcokumbiacrest
723viewsお気に入り数:0
「ママ、おしっこ」といえるまで―おむつはずし最短コース (プチタンファンブックス)

トイトレはゆっくり

おしっこのしつけに限らず子供が何かをできるようになるのには決して一般道ではないのですね.行ったり来たり時計の振り子の様に進んでいくものなので

raftelraftel
766viewsお気に入り数:0
まる、しかく、さんかく (こどもがはじめてであう絵本 かたちセット) (ブルーナのたのしいべんきょう (1))

ミッフィーの絵で形を学ぶ

まるしかくさんかくまる しかく さんかく

rihitorihito
553viewsお気に入り数:0
ぶかぶか (かどのえいこのちいさなえほん)

おでかけ前のイタズラ

おでかけするのさあ、きがえよう!パパのシャツぶかぶかパパのズボンぶかぶかパパのうわぎぶかぶかパパのくつぶかぶかパパに なったよーっ!おやおや

rihitorihito
512viewsお気に入り数:0
ほめると子どもはダメになる (新潮新書)

日本は母性社会

第5章母性の暴走にブレーキをイザベラ・バードの驚嘆何事も大人中心で子供にある意味冷淡な欧米社会と比べて日本では子供中心といっても良いくらいに

raftelraftel
764viewsお気に入り数:0
いちごさんがね‥ (おいしいともだち)

いちごたちの旅の目的とは

いちごたちの旅の目的とはいちごさんがね…たびに でたいちごが ろっこずん ずん ずんいちごが ろっこずん ずん ずんいちごが ろっこずん ず

rihitorihito
701viewsお気に入り数:0
あ・あ (単行本絵本)

言葉になる前の言葉

も・もと・とく・くぶ・ぶみ・みて・てこ・こぴ・ぴぱ・ぱま・まふ・ふ

rihitorihito
775viewsお気に入り数:0
赤ちゃんが泣いたら―おててで話す絵本 (主婦の友はじめてブックシリーズ)

おっぱいむらの そんちょうさん

まーちゃんが ぴええん ぴええん ぴええん えんまーちゃん むーむー(おむつ) かえようか?だーーぁ…ぱぁ!まーちゃん やったね だいてんさ

rihitorihito
988viewsお気に入り数:0
あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)

あおときいろが組み合わさると……?

あおくんですあおくんの おうち ぱぱと ままと いっしょおともだちが たくさんでも いちばんの なかよしは きいろちゃんきいろちゃんの おう

rihitorihito
824viewsお気に入り数:0
もう おきるかな? (0.1.2.えほん)

ねんねではなく起きることに焦点を当てた本

ねこ ねこ よくねているね。もう おきるかな?あー、おきた!いぬ いぬ よくねているね。もう おきるかな?あー、おきた!りす りす よくねて

rihitorihito
788viewsお気に入り数:0