教育本

教育本のまとめを紹介しています。正しい教育、教育問題、知識の楽しみ方など教育に関する情報や本がわかります。

読みたい心に火をつけろ!――学校図書館大活用術 (岩波ジュニア新書)

学校の図書館を使い倒せ!

本を読むことは良い事であるのだが、そもそも本を読んだことがない人にとっては何から読んでいけば良いのか分からなくなる。そのため本をどのようにし

kuramaekuramae
295viewsお気に入り数:0
4歳 おすしドリル

合理的なやり方

 子どもが大好きだというおすしをテーマにして、もじ・かず・ちえを学ぶドリルです。興味をひくものについては覚えやすいのは大人も一緒なので、合理

くまくまくまくま
1823viewsお気に入り数:0
部活で俳句 (岩波ジュニア新書)

部活で俳句をやることと、そこから得られる日常と青春。

俳句と言うと文化人などが行う産物のように見えながらも、今もなお様々な人に親しまれている。もっとも本書で取り上げている高校の部活でも俳句が扱わ

kuramaekuramae
3574viewsお気に入り数:0
子どもにプログラミングを学ばせるべき6つの理由 「21世紀型スキル」で社会を生き抜く (できるビジネス)

まもなく必修化される「プログラミング」教育が必要とされる理由

私自身プログラミングを勉強したことがあり、仕事にも行ったことがある。もっともプログラミングを勉強したことはパソコンに興味があり、その延長線上

kuramaekuramae
2429viewsお気に入り数:0
日本一小さな農業高校の学校づくり――愛農高校、校舎たてかえ顛末記 (岩波ジュニア新書)

日本でいちばん小さな農業高校の奮闘記

三重県伊賀市にとある小さな高校がある。その名も「学校法人愛農学園農業高等学校」であり、木造づくりの高校で、全寮制であり、本格的に農業関連の仕

kuramaekuramae
7510viewsお気に入り数:0
辞書を編む (光文社新書)

辞書ができるまで

三浦しをんの「舟を編む」という小説がある。本屋大賞を受賞した作品であり、2016年の10月~12月にアニメ化された作品であるのだが、もっとも

kuramaekuramae
6683viewsお気に入り数:0
学校の戦後史 (岩波新書)

戦後の教育はどのように変化していったのか?

学校は歴史とともに変化をしていく。その変化の中で最も大きなものとしたら大東亜戦争後に行われた「六・三・三制」が作られたことが挙げられる。しか

kuramaekuramae
4778viewsお気に入り数:0
女声合唱 5セレクション 想い出のエバーグリーン - 懐かしのヒット曲集 -

女声合唱曲

 女声三部合唱の合唱曲5曲を掲載した楽譜集です。

くまくまくまくま
6101viewsお気に入り数:0
強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 (徳間文庫)

強烈なオヤジが子どもたちを育てた軌跡

どのような「強烈」なオヤジなのか気になってしまい本書を手に取った。風貌からして強烈なのか、それとも中身が強烈なのかどちらかなのだが、その中で

kuramaekuramae
3122viewsお気に入り数:0
授業の出前、いらんかね。 (文春新書)

病院への出前授業の変遷

「授業の出前」というのがあるという。そもそも「出前授業」の概念は様々な場で存在するのだが、本書で取り上げるものは長らく病院に入院している子ど

kuramaekuramae
4541viewsお気に入り数:0
イマドキ男子をタフに育てる本

イマドキの男子は育て方でタフになる

「イマドキ男子」とは、コミュニケーションが苦手仲間がいない草食系、絶食系性欲が育たないキレやすい自己肯定感がない(本書表紙より)とある。列挙

kuramaekuramae
2824viewsお気に入り数:0
うんこ漢字ドリル テスト編 小学6年生 (うんこ漢字ドリルシリーズ)

興味を持つのは良いが

うんこという単語に興味を持って進めてくれるのは良いが、小学6年生くらいになれば、そこから脱却して欲しいという期待もある。

くまくまくまくま
4655viewsお気に入り数:0
キラキラ☆おうちスタディドリル 小2計算

きらきら装丁

きらきらの装丁で見ただけで女の子の興味を引きそうなデザインになっています。まずは興味を持つことが重要なのだと思います。

くまくまくまくま
4274viewsお気に入り数:0
2~3歳 かいてけせる ひらがな (学研の幼児ワーク)

手に取りやすい

大判で手に取りやすく、興味をもって進められる様な構成になっていると思います。

くまくまくまくま
3944viewsお気に入り数:0
「徳」の教育論

「徳」を学ぶ教育の今昔物語

戦前の日本の教育には「修身」の授業があった。日本人とは何か、礼儀作法とは何かといった日本人として生きていくうえで大切なことを学ぶものだったが

kuramaekuramae
3505viewsお気に入り数:0
父親次第 日経プレミアシリーズ

子育ての良し悪しは、やはり「父親次第」

「子どもは親の背中を見て育つ」という言葉がある。これは子育てのことであるが、本書はそのことを言っていると思えてならない。もちろん親も子供を育

kuramaekuramae
5696viewsお気に入り数:0
教えない「塾」なのに成績が上がる!―今までに類を見ない“驚異の独自学習法”

「勉強しなさい!」とお子さんに言ってはいけません。

≪目次≫第1章 「うちの子は、どうして勉強しないんだろう・・・」と悩んでいませんか?「勉強しなさい」が口ぐせになっていませんか?つらいのに、

hisap0hisap0
5624viewsお気に入り数:0
インドの科学者 頭脳大国への道 (岩波科学ライブラリー)

インド、IT大国から科学技術大国へ…

インドは90年代から2000年代にかけて「TI事業」を急成長させ、「IT大国」となった。人口も約12億人で中国に次いで世界第2位であり、世界

kuramaekuramae
8630viewsお気に入り数:0
「不登校」は天才の卵

気がすむまでゲームしなさい

この本で一番大事なこと不登校という少数派は、不登校とは縁のなり多数派による発言や態度、発想いよって、悩まされるからです。多数派が「フツー」で

hisap0hisap0
11287viewsお気に入り数:1
不登校Q&A ―自信と笑顔を取り戻す100の処方箋 (新時代教育のツボ選書)

親ができることそれは親の望む方向に子どもは動いてくれるという期待を親が上手に諦めることかもしれません

この本で一番大事なこと①子どものエネルギーが貯まるような関わりをする②子どもが自分だ考え、自分で決めて行動できるように支える③子どもは本来、

hisap0hisap0
10064viewsお気に入り数:1