ソーシャルメディア本

ソーシャルメディア本のまとめを紹介しています。ソーシャルメディアがもたらした変化や未来などがわかる情報や本を探すことができます。

ソーシャルメディア クチコミ分析入門

クチコミ@係長を題材にクチコミ分析ツールの活用方法を解説

クチコミ@係長をはじめとするソーシャルメディア上のクチコミ分析入門を取り上げる。Part:1-2クチコミ分析で必要なものは?クチコミデータと

tombi-aburagetombi-aburage
3077viewsお気に入り数:0
ソーシャルメディア絶対安全マニュアル トラブルにまきこまれないFacebook、Twitter、LINEの使い方

ソーシャルメディアのマニュアル

ソーシャルメディアは知り合い連絡用ツールじゃない● ネットには誰に見られても問題がないことしか書かない● 芸能人や人気商売の人以外は、ネット

iroirobookiroirobook
2057viewsお気に入り数:0
明日のコミュニケーション 「関与する生活者」に愛される方法 (アスキー新書)

結局「検索より友人・知人の言葉」に帰着するところが人間らしい

■ソーシャルメディアとは【定義】社会や文化、流行、購買などに大きく影響を与える「関与する生活者」をつなげ、強く結びつけ、その行動を加速させる

米山智裕@実践読書家米山智裕@実践読書家
1265viewsお気に入り数:0
ソーシャルメディア進化論

フラット・オープンを重んじるインターネットと調和した企業コミュニティの作法やコツがいろいろ分かる。

第2章までは、インターネットやソーシャルメディアの発祥と発展の歴史と文化が説明されている。FOOL(フラット・オープン・オンリー・ロングター

tombi-aburagetombi-aburage
1129viewsお気に入り数:0
Twitterアクティブサポート入門 「愛される会社」時代のソーシャルメディアマーケティング

今、改めてTwitterでのマーケティングを考え直してみる!! アクティブサポート入門

アクティブサポートとは消費者からの問い合わせを受けつけ対応する=パッシブサポート不満を抱えた消費者のソーシャルメディアで発見し、自ら対応する

hal_haru_halhal_haru_hal
1131viewsお気に入り数:0
ソーシャルグラフの基礎知識―繋がりが生み出す新たな価値

ソーシャルグラフの基礎知識の書評

ソーシャルグラフの用途と、背景となっている理論をバランス良く説明しており、参考になる。第1章 ソーシャルグラフとは何か当初は「ユーザー生成コ

tombi-aburagetombi-aburage
1239viewsお気に入り数:0
ソーシャルエコノミー 和をしかける経済

ソーシャルな時代がやってきた!ソーシャルなコミュニティづくりの方法

概要本書はソーシャルメディアの登場によって生まれた、コニュニティを中心とした新しい形の消費や経済の動き方を具体的な例(AKB,B-1グランプ

江頭宅江頭宅
1118viewsお気に入り数:1
本当は怖いソーシャルメディア (小学館101新書)

本当は怖いソーシャルメディア、フェイスブックの落とし穴

概要世の中にあふれるネット理想主義者が語る未来とは違うもう1つの未来について語る1冊フェイスブックの落とし穴■ファイスブックは日本の村社会と

books_jp_botbooks_jp_bot
6711viewsお気に入り数:2
ソーシャルメディア進化論

ソーシャルメディアのこれからの形を考える本「ソーシャルメディア進化論」

はじめに単純なソーシャルメディア礼讃ではなく、インターネット誕生からの歴史や大手企業の取り組み、ベンチャー経営の哀愁なども盛り込まれた内容。

TK_22TK_22
3608viewsお気に入り数:2
マキコミの技術

マキコミの技術の書評・感想

ネタフル・管理人のコグレさんと、『ネットで成功しているのは〈​やめない人たち〉である』のいしたにまさきさん共著。ソーシャル​メディアを取り巻

romaiyaromaiya
2153viewsお気に入り数:2
ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本

ソーシャルメディアのサービスを小学校にたとえるとわかりやすい!これからのソーシャルネットワーク革命!

ソーシャルネットワーク革命とは・ユーザーが参加して発信する「ソーシャルメディア」の時代がやってきた。・つながって、共感して、共有する力である

本の種本の種
4572viewsお気に入り数:5
検証 東日本大震災 そのときソーシャルメディアは何を伝えたか? (ディスカヴァー携書)

震災直後の日本のソーシャルメディアの動き「検証 東日本大震災 そのときソーシャルメディアは何を伝えたか?」

はじめに著者の立入勝義さんは、1974年大阪生まれ、ロサンゼルス在住のブログ作家、ソーシャルメディアプロデューサーです。この本は、震災直後の

draron880draron880
3947viewsお気に入り数:4
日本的ソーシャルメディアの未来 (PCポケットカルチャー)

日本的ソーシャルメディアの未来の書評・感想

「ソーシャル」ってそもそもなんなのよってことから社会学的立場で書かれたものmixi疲れについても、社会学的に分析。

hisahisahisahisa
2090viewsお気に入り数:0