経営本

経営本のまとめを紹介しています。経営理念、経営戦略、経営管理、新規事業、起業などを考える上で役立つ情報や本がわかります。

プロフェッショナルマネジャー

柳井正もおすすめのプロフェッショナルの経営者になるための考え方

経営とは・経営者は経営しなくてはならぬ。経営とは何かを成し遂げること。努力するに値することとしてやり始めたことをやり遂げること。・一つの対応

hisahisahisahisa
3035viewsお気に入り数:2
儲かる会社の作り方 (DO BOOKS)

儲かる会社を作る経営数字のポイントとは

商品ごとの営業利益率を算出し、営業利益率の高い商品をより多く売る工夫を。得意先ごとの営業利益率を算出し、営業利益率の高い得意先に対して、多く

hisahisahisahisa
2971viewsお気に入り数:3
ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)

ライバルがいない市場を目指すブルーオーシャン戦略

輝かしい未来を手に入れる為には、競争から抜け出さなければならない。バリュー・イノベーション:コストを押し下げながら、買い手にとっての価値を高

hisahisahisahisa
6727viewsお気に入り数:1
会社のつくり方 (日経文庫)

マイクロソフト元社長成毛眞に学ぶ会社の設立方法

自分が作った会社がどのような経営者を必要としているか考える。拡大とともに社員をつなぎとめる仕組みは変わる。自分を補ってくれそうなスキルと性格

hisahisahisahisa
3041viewsお気に入り数:4
生き方―人間として一番大切なこと

稲盛和夫が教えてくれる人間の生き方

人格=性格+哲学(人間として正しいかどうか)精進とは、一生懸命働くこと、目前の仕事にわき目も振らず打ち込むこと。一日一日をど真剣に生きなくて

hisahisahisahisa
5717viewsお気に入り数:2
その仕事は利益につながっていますか?―経営数字の「見える化」が社員を変える

仕事をゲームにする! 経営数字を見える化して社員のやる気を出そう

経営革新ゲーム最も効率的かつもっとも利益が上がる最高の経営手法とは、全社員に会社経営について発言権を与え、また、業績の良しあしにかかわらず常

hisahisahisahisa
3564viewsお気に入り数:2
戦略「脳」を鍛える

BCGのトップが教える! 経営戦略の考え方

誰かが成功パターンを見つけ出すと、多くの企業にモノマネされ、その戦い方では差別化できなくなる。定石を越えた戦い方のイノベーションこそが、戦略

hisahisahisahisa
6579viewsお気に入り数:3
仕事と組織は、マニュアルで動かそう

良いマニュアルを作るための豆知識

業務遂行におけるマニュアルとは、業務をスムーズに指導させる手順書。優秀な先輩社員と同じような知識を与えてくれる。仕事を全て書き出してみる。マ

hisahisahisahisa
3628viewsお気に入り数:1
私のウォルマート商法 すべて小さく考えよ (講談社プラスアルファ文庫)

ウォルマート創始者サム・ウォルトンの経営哲学

ウォルマート(サム・ウォルトン)の経営の考え方・リーダーシップをとるコツは、道で出会う人々すべてに、こちらから声をかける。・トラブルとは自分

hisahisahisahisa
4609viewsお気に入り数:3
「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本

財務諸表の大切なポイント

流動負債を返済できなくなると会社は倒産する。一年以内に返済義務のある負債。流動比率=流動資産÷流動負債流動資産は、現預金や売掛金、棚卸資産な

hisahisahisahisa
4448viewsお気に入り数:3
「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】

財務諸表の読み方 -財務を知りたいあなたへ-

会社の実力は安全性→収益性→成長性の順に見る。安全性は貸借対照表、収益性は損益計算書、キャッシュフロー計算書で見る。手元流動性→当座比率→流

hisahisahisahisa
6372viewsお気に入り数:5