日本経済本

日本経済本のまとめを紹介しています。現在、過去の日本経済や今後の課題など日本経済の理解に役立つ情報や本がわかります。

カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 日本経済編

経済のニュースがよくわかる本 日本経済編

1.円高と円安と日本の景気について不景気・日本の景気が悪い時は、円安ドル高に進む  ・日本経済に対する信頼が減る ⇒ 円の人気が下がる  ・

シュウジシュウジ
485viewsお気に入り数:0
日本の景気は賃金が決める (講談社現代新書) [kindle版]

金利調整と景気の関係

金利について種類●規制金利政府(財務省)、日本銀行などが決定する金利で、公定歩合が代表的。公定歩合は日本銀行が民間銀行にお金を貸し出すときの

akeminakemin
396viewsお気に入り数:0
23区格差 (中公新書ラクレ 542)

23区格差

23区格差1.東京は「少子化」になっていない「少子高齢化」とは、言うまでもなく子どもが減って高齢者が増えることを指す。しかし、東京は子どもも

violetReadervioletReader
7390viewsお気に入り数:0
あと3年で、世界は江戸になる!-新「風流」経済学

250年、他国に頼らずに平和な時代を作った「江戸時代」から学ぶ

この本を読み、「はっ」と気付かされたが、「江戸時代」というのは、「鎖国」をしながらも、日本国内だけで内戦もなく、200年以上平和を保ってきた

がのがの
1416viewsお気に入り数:0
アベノミクスの不都合な真実  インフレ救国論の罠、デフレ悪玉論の嘘 (単行本)

【アベノミクスぶった斬り】インフレで国民の生活がよくならない理由

中原圭介氏によるアベノミクスぶった斬り本。氏の本は、「経済学は意味の無い前提を置いた空虚な学問だ」という発言等、歯に衣着せぬ言葉が多く、興味

がのがの
9187viewsお気に入り数:1
入門・日本経済 第4版

入門日本経済:目次紹介

目次第1章:日本経済の大きさと豊かさ:経済大国と生活大国経済大国日本日本と世界の相互関係生活大国日本?第2章:日本経済の歩み1:高度経済成長

気になる本気になる本
2461viewsお気に入り数:1
デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)

日本の経済停滞は、15〜64歳の人口が減ったから。景気や中国のせいではない「デフレの正体」

景気が良くなれば日本は復活する、というのは嘘 景気やGDPは全体論(平均値)であって、個別の事象を語れないGDPが成長とリンクするなら、裕福

折笠 隆折笠 隆
2439viewsお気に入り数:1
日本経済大消失 生き残りと復活の新戦略

2014年以降の経済予測。

今後の日本経済の見通しあと10年踏ん張れば、東南アジアとの人件費不利性は小さくなり、海外に生産拠点を求めた日本企業は回帰してくる。さらにアメ

経済本とかマンガとか経済本とかマンガとか
1902viewsお気に入り数:0
竹中先生、日本経済 次はどうなりますか? (田原総一朗責任編集 オフレコ! BOOKS 2時間でいまがわかる!)

アベノミクスって実際ど~なの?

アベノミクスって実際ど~なの?に答えてくれる本です!!アベノミクスに対する国際的な評価「アベノミクスの主張は理論的に正しい。しかし、万が一実

hal_haru_halhal_haru_hal
1568viewsお気に入り数:0
週刊 ダイヤモンド 2013年 10/19号 [雑誌]

日本の国債は2020年には暴落する? 日銀の買占め、国債ムラのゆがんだ似非市場の末路

■ソフトバンクの信用情報誤登録3か月以上未払いが続く→異動(俗にいうブラックリスト) ※3か月連続で未払い状態が続くことをいうのか、3か月分

attorney at usattorney at us
1682viewsお気に入り数:0
日本経済が頂点に立つこれだけの理由

日本経済って明るいのかも?日本経済が頂点に立つこれだけの理由の書評・感想

はじめに第1章 デフレの本当の正体第2章 何がデフレを長期化させたのか?第3章 アベノミクスの財源第4章 デフレギャップを埋める第5章 経済

haraitasennseiharaitasennsei
1453viewsお気に入り数:0
世界 2013年 07月号 [雑誌]

アベノ”リスク” 安倍政権大勝の代償は何か

■日本財政の結末・ジャパノミクスとポピュリズム日本の政治経済運営の特徴はその場しのぎの、空気で決定する、責任をとらない政治日本人の心底は強い

attorney at usattorney at us
862viewsお気に入り数:0
検証 財務省の近現代史 政治との闘い150年を読む (光文社新書)

検証 財務省の近現代史 政治との闘い150年を読む(倉山満)の書評・感想

本書は、内容紹介をし始めると実に長くなると思うので、先に読後の感想を書いておきましょう。メチャクチャ面白かった!たぶん面白いだろうなぁ、って

黒夜行黒夜行
832viewsお気に入り数:0
商店街はなぜ滅びるのか~社会・政治・経済史から探る再生の道~ (光文社新書) [kindle版]

商店街はなぜ滅びるのか(新雅史)の書評・感想

本書は社会学者である著者が、経済的な観点からだけではなく、政治や社会も含め、『商店街』というものがどのようにして生まれ、そしてどうして滅び行

黒夜行黒夜行
1274viewsお気に入り数:0
日本の難題をかたづけよう 経済、政治、教育、社会保障、エネルギー (光文社新書)

日本の難題をかたづけよう(荻上チキ他)の書評・感想

本書は、本書の編者でもある荻上チキが編集長として関わっている「シノドスジャーナル」というニュースサイトやそのメルマガなどに寄稿してもらった原

黒夜行黒夜行
949viewsお気に入り数:0
「改革」はどこへ行った?―民主党政権にチャンスはあるか―

改革できなかった民主党

逆戻りした日本日本の一人負けリーマン・ショックが起こった時でさえアメリカ・ヨーロッパは成長し続けていた。しかし日本はGDP成長率がマイナスと

気になる本気になる本
1527viewsお気に入り数:1
里山資本主義  日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)

日本再生のカギは里山にあり!「里山資本主義」の書評・感想

第一章「世界経済の最先端、中国山地―原価ゼロ円からの経済再生、地域復活」なぜ、中国山地が世界の愛先端と主張しているのだろうか。そこには、現在

kuramaekuramae
1181viewsお気に入り数:0
あしたの経済学―改革は必ず日本を再生させる (幻冬舎実用書―芽がでるシリーズ)

あしたの経済学-改革は日本を再生させる。-

成長と安定稼ぐ力が日本を良くする。長期的成長に必要なのは「使う力」よりも「稼ぐ力」改革すればコストが発生する。何もしなければさらに大きなコス

気になる本気になる本
1529viewsお気に入り数:1
ヤンキー消費をつかまえろ―週刊東洋経済eビジネス新書No.09

ヤンキー消費をつかまえろ! 日本経済をつかむ秘訣

ヤンキー消費をつかまえろ地元や絆を愛する新保守層が元気だ。合言葉は家族、誇り、光り物。新消費層の台頭を見逃してはいけないのだ。ヤンキーといっ

本で人生は変わる本で人生は変わる
1604viewsお気に入り数:0
日本の景気は賃金が決める (講談社現代新書)

いま必要なのは、正社員の賃上げよりも派遣の時給アップだ!

過去の金融緩和が賃金デフレを深刻にした主に1998年から2006年に日銀が行ったマネタリーベース供給+ゼロ金利政策(金融緩和)の結果、海外の

AA
1124viewsお気に入り数:0