経済本

経済本のまとめを紹介しています。日本経済、世界経済、経済学などがわかる情報や本を探すことができます。

ニューズウィーク日本版ペーパーバックス 経済超入門

ニューズウィークより経済用語を紹介!

はじめにそもそも経済学とは選択に関する学問。お金、モノ、時間という限られたものにどう配分するか、どれだけ満足を大きくできるか。・希少性…あら

weekweek
2594viewsお気に入り数:3
ソーシャル・ビジネス革命―世界の課題を解決する新たな経済システム

ソーシャル・ビジネス革命より世界を変えるかもしれない名言を紹介!

世界を変えるかもしれない名言多くの人は社会に貢献したいという気持ちを胸に秘めていますが、それは必ずしも「無償の奉仕」である必要はありません。

maikomaiko
2310viewsお気に入り数:1
基礎コース 経済学 (基礎コース経済学)

基礎コース 経済学の書評・感想

まえがき おそらく、名前は聞いたことがあるであろう、“塩沢修平”さんの著書である。大学新入生、特に経済学部の入学者には、初学のための“経済学

学生学生
2428viewsお気に入り数:1
試験攻略入門塾 速習!ミクロ経済学

試験テキストに学ぶミクロ経済学「試験攻略入門塾 速習!ミクロ経済学」

経済学の思考パターン・経済学には「定義→仮定→分析→結論→長所・短所」という思考パターンがある。グラフの読み方・グラフは①横軸・縦軸は何か②

reading_boxreading_box
5048viewsお気に入り数:4
速習!マクロ経済学―試験攻略入門塾

経済学の思考パターンがわかる本「速習!マクロ経済学―試験攻略入門塾」

経済学の思考パターン・経済学には『定義→仮定→分析→結論→長所・短所』という思考パターンがある。・経済学の思考パターンに沿って勉強すると理解

reading_boxreading_box
5046viewsお気に入り数:3
経済学の歴史―いま時代と思想を見直す

日本経済学者への強烈な刺激! 経済学の歴史―いま時代と思想を見直す

あらすじ 「日本およびその他の新興工業国の資本主義の勃興と成功は、国際競争の状況に対する注目をいっそう密なものにするであろう。米英におけるよ

hisahisahisahisa
2897viewsお気に入り数:2
地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか? (ちくま新書)

なぜ、地域再生はうまくいかないのか?

はじめに経済的な豊かさばかりを追求する。だから地域再生が上手くいかない。地域再生策のほとんどは「成功事例に倣う」という発想にもとづいている。

halmahalma
2751viewsお気に入り数:4
グローバリゼーションとは何か―液状化する世界を読み解く (平凡社新書)

グローバリゼーションとは何か?グローバリゼーションの捉え方

はじめにグローバル化が叫ばれて久しい日本だが、その「考え方」について考える術を身に付けてこなかったように思う。グローバル化してるから海外に行

kobataku_tkkobataku_tk
4081viewsお気に入り数:3
いま世界経済で起きている大変なこと―奈落の底に沈む国、V字回復する国

世界経済で起きている大変なことを紹介! 世界経済やばい!

ちょっと前読んだ本だけどポイントメモを紹介します。ポイント・ユーロ圏ソブリン債のCDSの保証率が社債を上回っている。・ギリシャのデフォルトは

midsanmidsan
3942viewsお気に入り数:1
カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 銀行・郵貯・生命保険編

カリスマ受験講師細野真宏が教える!銀行・郵貯・生命保険を理解するポイント!

●感想本当に細野氏の本は読みやすい。難しいことを簡単に書くのは相当な能力が必要だろう。大学受験の際に「細野本」に助けられたのが懐かしい。ポイ

kobataku_tkkobataku_tk
2730viewsお気に入り数:4
亡国から再生へ A Nation Without Ethics (光文社ペーパーバックス)

yume_mayuの「亡国から再生へ A Nation Without Ethics」のまとめ

2006年11月22日「いざなぎ超え」の表明小泉政権誕生後の2002年2月より、いざなぎ景気を超える戦後最長の景気拡大が続いているとされてい

yume_mayuyume_mayu
2466viewsお気に入り数:2
ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質

超訳!ブラック・スワン[下]

超訳になってしまっています。上巻の超サマリーオーストラリアで、『黒い白鳥』が発見されるまでは、『白鳥は白い』というのが、常識であった。実際に

yukasiyukasi
3466viewsお気に入り数:3
評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っているの書評・感想

印税ゼロで発売した本書。タイトルにあるように「評価経済社会」​ゆえに、印税がなくても収入になることを本書をもって証明する試​み(出版社には試

romaiyaromaiya
2573viewsお気に入り数:1
ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質

想定外とどう向き合うか。ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質

ブラック・スワンとは何か?オーストラリアで黒い白鳥(ブラック・スワン)が発見されるまでは、白鳥はすべて『白い』と、人々は信じて疑わなかった。

yukasiyukasi
11065viewsお気に入り数:6
新しい貧困 労働消費主義ニュープア

労働論理と消費社会「新しい貧困 労働消費主義ニュープア」

労働倫理産業か初期の段階でヨーロッパ人の意識に芽生え始めた「労働倫理」は、労働者が働き、報酬を受け取るうえでもっとも根源的な価値観だろう。労

KaPiWaGiKaPiWaGi
4894viewsお気に入り数:3
大いなる不安定

大いなる不安定の書評・感想

全体の流れとしては、(1)一般的にバブルがどのように形成され崩壊していくか過去を振り返りながら解説(2)今回の金融危機の起こった経緯とその原

tkobata123tkobata123
2315viewsお気に入り数:2
斎藤一人時代を読んで「ひとり勝ち」!―日本一のお金持ちが教える「経済」の話 (知的生きかた文庫―LIFE (お40-3))

時代がどうあれいつも強い「ひとり勝ち」をする斎藤一人の考え方

相手次第の「一人勝ち」とは違う、「ひとり勝ち」は時代がどうあれいつも強いこと。日本の経済を簡単に説明しながら生き方を指南する。◎成功して、出

ベジデザインラボベジデザインラボ
19115viewsお気に入り数:7
デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)

経済を動かしているのは、景気の波ではなく、人口の波!

人口減時代、超高齢化社会へ向かう日本。基本的な認識をもつために、オススメの本。一言で言うと「経済を動かしているのは、景気の波ではなく、人口の

ossamossam
13500viewsお気に入り数:12
日はまた昇る 日本のこれからの15年

日本経済これからの15年はどうなるのか?

◎筆者が外国特派員として日本に初めて赴任して間もない1983年に、住友銀行の幹部が「郵貯と保険は日本の金融システムのガンだ」と語っていた。商

ベジデザインラボベジデザインラボ
2331viewsお気に入り数:1