経済本

経済本のまとめを紹介しています。日本経済、世界経済、経済学などがわかる情報や本を探すことができます。

亡国から再生へ A Nation Without Ethics (光文社ペーパーバックス)

yume_mayuの「亡国から再生へ A Nation Without Ethics」のまとめ

2006年11月22日「いざなぎ超え」の表明小泉政権誕生後の2002年2月より、いざなぎ景気を超える戦後最長の景気拡大が続いているとされてい

yume_mayuyume_mayu
2233viewsお気に入り数:2
ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質

超訳!ブラック・スワン[下]

超訳になってしまっています。上巻の超サマリーオーストラリアで、『黒い白鳥』が発見されるまでは、『白鳥は白い』というのが、常識であった。実際に

yukasiyukasi
3143viewsお気に入り数:3
評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っているの書評・感想

印税ゼロで発売した本書。タイトルにあるように「評価経済社会」​ゆえに、印税がなくても収入になることを本書をもって証明する試​み(出版社には試

romaiyaromaiya
2465viewsお気に入り数:1
ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質

想定外とどう向き合うか。ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質

ブラック・スワンとは何か?オーストラリアで黒い白鳥(ブラック・スワン)が発見されるまでは、白鳥はすべて『白い』と、人々は信じて疑わなかった。

yukasiyukasi
10435viewsお気に入り数:6
新しい貧困 労働消費主義ニュープア

労働論理と消費社会「新しい貧困 労働消費主義ニュープア」

労働倫理産業か初期の段階でヨーロッパ人の意識に芽生え始めた「労働倫理」は、労働者が働き、報酬を受け取るうえでもっとも根源的な価値観だろう。労

KaPiWaGiKaPiWaGi
4280viewsお気に入り数:3
大いなる不安定

大いなる不安定の書評・感想

全体の流れとしては、(1)一般的にバブルがどのように形成され崩壊していくか過去を振り返りながら解説(2)今回の金融危機の起こった経緯とその原

tkobata123tkobata123
2185viewsお気に入り数:2
斎藤一人時代を読んで「ひとり勝ち」!―日本一のお金持ちが教える「経済」の話 (知的生きかた文庫―LIFE (お40-3))

時代がどうあれいつも強い「ひとり勝ち」をする斎藤一人の考え方

相手次第の「一人勝ち」とは違う、「ひとり勝ち」は時代がどうあれいつも強いこと。日本の経済を簡単に説明しながら生き方を指南する。◎成功して、出

ベジデザインラボベジデザインラボ
18654viewsお気に入り数:7
デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)

経済を動かしているのは、景気の波ではなく、人口の波!

人口減時代、超高齢化社会へ向かう日本。基本的な認識をもつために、オススメの本。一言で言うと「経済を動かしているのは、景気の波ではなく、人口の

ossamossam
13285viewsお気に入り数:12
日はまた昇る 日本のこれからの15年

日本経済これからの15年はどうなるのか?

◎筆者が外国特派員として日本に初めて赴任して間もない1983年に、住友銀行の幹部が「郵貯と保険は日本の金融システムのガンだ」と語っていた。商

ベジデザインラボベジデザインラボ
2005viewsお気に入り数:1