ビジネス本

ビジネス本のまとめを紹介しています。会社経営、組織管理、財務、起業・独立、営業、マーケティング、ロジカルシンキングなどビジネスに役立つ情報やビジネス書を探すことができます。

仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったとき読む本

少しでも「面倒くさい」と思うことがあったら読んで欲しい本

この本で一番大事なこと「身体がだるくて、やらなければならないと分かっていてもできない」「落ち込みが激しくて、何も手につかず、毎日イライラする

hisap0hisap0
2427viewsお気に入り数:1
超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

AI時代の生き方、働き方の心構え。何を優先し何を削るか「超AI時代の生存戦略」落合陽一

生き方ネット環境が整い、今や仕事とプライベートの境目はない。ワークライフバランスではなく「ワークアズライフ」だ。休息時間を分けるのではなく、

折笠 隆折笠 隆
2401viewsお気に入り数:1
1日10秒マインドフルネス

たった10秒で開く幸せのとびら

本書で一番大切なことグーグルも採用しているマインドフルネスは最近マスコミでもよく目にする言葉です。ルーツがおしゃか様の悟りであり、宗教の枠組

waku2waku2
3306viewsお気に入り数:0
ファンベース (ちくま新書)

新規顧客の開拓よりも、ファンを大事にすることが売上につながる!「ファンベース」

一方的な宣伝ではなく、ファンを大事にすることで企業の売上や価値を高めていくやり方が「ファンベース」。そのポイントから実践までを解説する。キャ

折笠 隆折笠 隆
2209viewsお気に入り数:0
トイレ掃除の経営学-Strategy as Practiceアプローチからの研究

トイレ掃除から考察する経営学

本書は経営に関する論文であるのだが、なんといってもタイトルからユニークである。なんと言ってもアプローチが「トイレ掃除」だからである。私自身ト

kuramaekuramae
2387viewsお気に入り数:0
人生と仕事の段取り術 (PHPビジネス新書)

人生も仕事も全ては「段取り」から

仕事事情は日々刻々と変化を遂げている。会社も「合理化」に伴うコストカット、さらには夫婦共働きなど、労働環境にも変化が生じている。そのため巷の

kuramaekuramae
2633viewsお気に入り数:0
七十歳死亡法案、可決 (幻冬舎文庫)

こんな法案あったら?

改革派の首相のもとで、七十歳死亡法案が可決された。少子高齢化の財政難を一挙に解決すべく、、。日本国籍を有するものは誰しも、70歳の誕生日から

kaerumamakaerumama
2817viewsお気に入り数:0
裏切られた革命 (岩波文庫)

裏切られた革命 トロツキー

スターリン体制について書かれた古典的名著である。ソ連の革命の崇高な理論と目的がいかにスターリン体制によって歪められたかを高度な理論により、学

韓非韓非
3342viewsお気に入り数:0
ソバニイルヨ

子どもに「どうして勉強しないといけないの?」と問われたら何と答えるか

何のために勉強するのか・勉強をしないで困るのは将来の自分、というのは間違い。困るのは将来自分の周りにいる、大切な人たち。・目の前のことから逃

ますおますお
3712viewsお気に入り数:0
文芸講話 (1956年) (岩波文庫)

毛沢東 文芸講話 岩波文庫

この著作は中華人民共和国の建国の父である毛沢東が書いた著作である。毛沢東は、レーニン、トロツキー同様に優れた理論家、思想家であり名著とも言わ

韓非韓非
4584viewsお気に入り数:0
評価される人のすごい習慣

考え方や捉え方変わることで、習慣が変わり、成功へ導かれる

成功体験とは?●自分がやると決めて達成できたこと。→『周りに認められ、会社に評価されること』デキる人の行動パターンやノウハウを真似をする=結

Fun BuyFun Buy
3974viewsお気に入り数:0
ボロボロになった人へ (幻冬舎文庫)

爆笑、せつなさ、時々身につまされる、コクのある作品

どこかねじれた部分を持つ主人公が、世界と折り合いをつけようとこころみる6つの物語からなる短編集。『死刑』のブラックでニヒルな最期に爆笑した。

slainteslainte
3861viewsお気に入り数:0
悪魔の涎・追い求める男 他八篇―コルタサル短篇集 (岩波文庫)

引きちぎるように終わる。読者を俗と離れた地点に置き去りにして。

ラテンアメリカ文学というものを読んでみようと思うひとはボルヘスやコルタサルから入る場合が多いかと思う。私はコルタサルの非現実感の方が今は好み

slainteslainte
3837viewsお気に入り数:0
日はまた昇る (新潮文庫)

人生に対する既視感と諦念、しかし、日はまた昇る

思いもよらぬことが起こっても、それはすでに知られていることである人生に対するこんな既視感が小説全体をおおっている。しかし、それでもなお人生が

slainteslainte
3738viewsお気に入り数:0
ばかもの (新潮文庫)

清々しい読後感

冒頭のスピード感ある文章で,主人公二人の小さな世界に入り込む.この小説は,基本的にそんな小さな世界から出ることなく進むのだが記憶にある過去の

slainteslainte
3696viewsお気に入り数:0
「ふるさと東京」再生  本当の豊かさとはなにか。 次世代の子どもたちに残し、 伝えたいもの

美しい海を取り戻すべく立ち上がったのは、一人の建築家だった。

自分の生きているうちに、この東京湾を泳げる海にしよう──たった一人の決意から40年後、「東京湾海水浴場復活」。ふるさと再生への挑戦を続ける建

幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社
4667viewsお気に入り数:0
誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち

音源ビジネスの歴史がわかる。

わずかここ10年以内に、音源ビジネスがCDからサブスクへと変化した時代の流れがわかる。また、mp3誕生により著作権等の権利ビジネスが生まれた

だっちゃんだっちゃん
3942viewsお気に入り数:0
会話のきっかけ (新潮新書)

会話が苦手でも「きっかけ」で良くなる

会話が苦手な方にとってはなかなかきっかけをつかめないと言うこともある。しかし会話はふとしたことできっかけをつかみ取ることができる。もちろん「

kuramaekuramae
4093viewsお気に入り数:0
死ぬほど読書 (幻冬舎新書)

死ぬほど読書

「読書はしないといけないものなのか?」現代は自由度の高い環境だが、自分の軸を持たなければ実はとても不自由。前へ進むための地図と羅針盤がないの

まるこみっちまるこみっち
4072viewsお気に入り数:1
ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣

ファーストクラスに乗る人の習慣をまねて自分も成功者への第一歩を...

ファーストクラスのお客様の「習慣」をまねるメモをどんどんとるいつでも、どこでも、何にでも、そして、どんなことでもたとえ名刺の裏でも気にしない

snufkinsnufkin
4668viewsお気に入り数:0