ビジネス本

ビジネス本のまとめを紹介しています。会社経営、組織管理、財務、起業・独立、営業、マーケティング、ロジカルシンキングなどビジネスに役立つ情報やビジネス書を探すことができます。

なぜ女は男のように自信をもてないのか

​ 【自信】男性独自の根拠のない自信がもたらすものとは

​自信のない女性の特徴「考えすぎ」「人を喜ばせたい」「失敗を忘れられない」 自分の能力に自信がなかったため、ただそれから逃げ出したのだ。つま

ゆいゆい
369viewsお気に入り数:0
「やればできる!」の研究―能力を開花させるマインドセットの力

​ 【自信】マインド(意識)には2つの性格がある

​しなやかなマインドの人・その道のトップになろうなんて考えてもいなかった人が多い。・好きで好きでたまらないことに打ち込んでいるうちに、いつの

ゆいゆい
321viewsお気に入り数:0
駅物語

よく考えたら駅って大変な場所だ

若菜直。ゆえあって、一流企業を、蹴って鉄道会社に就職。しかも、現場も現場、駅員に。彼女を待ち受けていたのは、無愛想てやたら敵視してくる同期、

kaerumamakaerumama
297viewsお気に入り数:0
「時間」の作法  角川SSC新書 (角川SSC新書)

参考になる所を如何に自分の暮らしに活かすか。

根本として、あるのは時間は戻らず、意識してやりくりしなければ際限なく流れてゆくものである、ということ。研究や、学習、執筆に殆どの時間を費やし

雨
256viewsお気に入り数:0
残念な経営者 誇れる経営者

ニュースの解説コラム

 ニュースサイト「ビジネスジャーナル」に連載の記事を再録した「間違いだらけのビジネス戦略」の続巻。メディア報道の多寡を重要度として、経営を失

くまくまくまくま
302viewsお気に入り数:0
アイデアのつくり方

アイデアとは、既存の事物の新しい組み合わせ

著者はアメリカ広告界で名のあった方。アイデアについての古典的名著。わずか60ページ足らずにアイデア創出のシンプルなキモが詰まっている。人の心

PompidouPompidou
371viewsお気に入り数:0
世界の果てのこどもたち

中国残留孤児、戦争遺児、在日二世について分かります

高知の片田舎に住んでいた、珠子。満洲へ開拓民として、父母妹と渡った。そこで、出会ったのは、故郷の朝鮮での貧しく窮屈な生活を脱するべく、満洲に

kaerumamakaerumama
281viewsお気に入り数:0
稼ぐ男の身のまわり

人生に役立つ要素(著者編)

「汎用性はないかも知れないけれど、気づけるもの」が好きで、「正しいと言われるより、幅が広がったと言われる著者」を目指しているのが本書の執筆者

くまくまくまくま
415viewsお気に入り数:0
嫉妬されるほど幸せな人が持っている「自分軸」のつくり方

あくまで個人レベルの人生訓

書かれている内容はもっともなことが多いとは思うが、それを神様がおっしゃったと言うので、胡散臭く感じてしまう。しかし現象をどう再構成して理論化

くまくまくまくま
326viewsお気に入り数:0
無敵のエントリーシート・自己分析・自己PR・志望動機 2017年 (内定請負漫画『銀のアンカー』式)

2016年版とほぼ同じ内容

2016年版とほぼ同じ内容になっている。幼児向け番組と同じで毎年読者は変わるので、同じ内容でも構わないのだろう。構成:第一章 エントリーシー

くまくまくまくま
312viewsお気に入り数:0
施設参謀―――建設リスクを経営資源に変えるコンサルティング

作れば良いというわけではない

 プロジェクト・マネジメント(PM)やコンストラクション・マネジメント(CM)を請け負う会社の社長が書いた本だ。本書の主張をおおざっぱに纏め

くまくまくまくま
291viewsお気に入り数:0
自分を知る旅 毎日、ふと思う14 帆帆子の日記

一般の日本人は××だけど、私たちは○○だよね

著者の2014年の日記。バリ島での活動など、特筆すべき事項については、別途書籍として出版されてるようだ。このため、今日は誰と会った、というよ

くまくまくまくま
241viewsお気に入り数:0
IoT時代のエクスペリエンス・デザイン

考えを整理する機会にはなった

 本書の内容は冗長で、またカタカナ用語を多用しているために、何かを伝えたいのか、あるいはぼんやりとごまかしたいのか、その意図が伝わって来にく

くまくまくまくま
254viewsお気に入り数:0
東京ガールズ選挙 こじらせ系女子高生が生徒会長を目指したら

変なところで現実的

一人称が“あたい”でぼっちの磯山いづみは、樹齢三百年ほどのいちょうの木の上を学校での居場所としていた。しかしその木が、ラグビー部の練習に邪魔

くまくまくまくま
211viewsお気に入り数:0
仕事が「速いリーダー」と「遅いリーダー」の習慣 (Asuka business & language book)

批判も許容すべき

書かれていることの9割くらいはもっともだと思います。ただ、著者のようにいくつも雇われ仕事を掛け持ちしたいとは全く思いません。また、最後の方で

くまくまくまくま
287viewsお気に入り数:0
地域密着型デイサービス 大競争時代を生き抜く黒字戦略

当事者以外には機微が分からないかも

赤字になりやすいと思われているという地域密着型デイサービス施設の運営が、実は黒字にしやすい業態なのだということを説いている。実際に今後どうい

くまくまくまくま
183viewsお気に入り数:0
あ、バシャールだ!  地球をあそぶ。地球であそぶ。

ファンだったら喜んで読むのかも知れない

全編が座談会というか茶話会の会議録を収録した様な形式で記述されており、バシャールという存在が主張していることの要点が何なのかを伝えるには全く

くまくまくまくま
179viewsお気に入り数:0
消極性デザイン宣言 ―消極的な人よ、声を上げよ。……いや、上げなくてよい。

やる気がない方が長く続く

章ごとに筆者が変わっていて、一応、「消極性」というキーワードは共通しているのだけれど、捉え方がかなり異なっている。第1章・第2章は消極的な人

くまくまくまくま
220viewsお気に入り数:0
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

やりたいことをやっているか?

○クリップを渡して、これをもっと大きな価値に変えてください→あらゆる方法が思いつく○心臓血管手術→最初はバイパス手術だったが、バルーン手術が

てっちゃんてっちゃん
362viewsお気に入り数:0
スタンフォード式 最高の睡眠

睡眠における90分とは

○夜明けの医師はこんなに頭が働かない→マイクロスリープ○睡眠時間6時間未満の人が日本人の約4割○眠りの借金は寿命を縮める○睡眠負債を返せばパ

hara2hara2
459viewsお気に入り数:2