医療本

医療本のまとめを紹介しています。ガン、糖尿病などの病気治療や症状、脳科学など医療に関する情報や本がわかります。

がんの予防―科学的根拠にもとづいて (国立がん研究センターのがんの本)

日常生活から始める、がんの予防

日常生活からがんの予防を始めましょう三大成人病の1つであるがん。現在、3人に1人がなるとされていますが、日常生活から予防できるとしたら試して

hiyusukejphiyusukejp
1838viewsお気に入り数:0
満腹ダイエット (プレジデントムック dancyu)

糖質制限食が人の食生活に合っている歴史的理由

人という動物が地球に登場したのが約400万年前といわれています。そして、米や小麦などの穀物を栽培し主食にするようになったのが1万年くらい前の

ノウハウ本太郎ノウハウ本太郎
2804viewsお気に入り数:0
糖尿病はご飯よりステーキを食べなさい (講談社プラスアルファ新書)

糖尿病になってしまう理由

糖尿病糖尿病は、血糖値が一定基準を超えたとき、糖尿病にかかったと判断される。健康診断などで測る空腹時血糖値が126以上あるか、ブドウ糖負荷試

ノウハウ本太郎ノウハウ本太郎
5145viewsお気に入り数:0
京都の名医がおしえる「やせる食べ方」 ―美食で満腹ダイエット

糖質制限食で無理なく痩せるヒント集

カロリーを制限するよりも糖質を少なくするほうがやせる糖質をとると血糖が増え、肥満ホルモンであるインスリンが分泌される糖質制限食は主食をとらず

ノウハウ本太郎ノウハウ本太郎
2541viewsお気に入り数:0
糖質制限食のススメ

糖尿病治療から生まれた食事ダイエット! 糖質制限食によるダイエットが続く3つの理由とは

糖質制限食とは糖質制限食は、カロリー制限食とは別の狙いを持った食事両方です。カロリー制限食は、カロリーの摂取や栄養のバランスを変更して肥満を

ノウハウ本太郎ノウハウ本太郎
4725viewsお気に入り数:0
糖質制限ダイエットで何の苦もなく糖尿病に勝った! (扶桑社新書)

ズボラでもできるダイエット! それが「糖質制限ダイエット」だ!

別名「ズボラダイエット」「糖質制限ダイエット」は、別名「ズボラダイエット」と呼ばれ、肉を食べ、酒を飲んでも痩せていく極めて簡単至極なダイエッ

ノウハウ本太郎ノウハウ本太郎
1939viewsお気に入り数:0
脳はなぜ「心」を作ったのか「私」の謎を解く受動意識仮説 (ちくま文庫)

自分の「意識」のパラダイムが変わる

心は特別なものではない いわゆる”自我”は脳が作り出したもので、人間だからとか、神が作ったというものではない。脳の中にはニューラルネットワー

sgtkhrv14sgtkhrv14
1406viewsお気に入り数:0
バカはなおせる—脳を鍛える習慣、悪くする習慣

「バカの壁」や「脳トレ」はもう古い!?脳に良い生活とは

第1部:脳が良くなる1日の過ごし方、悪くなる過ごし方・家でずっと読書をするだけでは脳の萎縮が早まるので、運動も必ず必要となる。・運動の際は「

YonesuYonesu
4194viewsお気に入り数:3
医療幻想: 「思い込み」が患者を殺す (ちくま新書)

医療幻想: 「思い込み」が患者を殺す理由とは?

医療幻想:「思い込み」が患者を殺す幻想医療よりEBM「EBM(根拠にも基づいた医療)」という言葉がある。これは1990年代から提案された概念

violetReadervioletReader
30123viewsお気に入り数:0
統合失調症 愛と憎しみの向こう側

体験から読み取る、統合失調症患者の家族が背負う問題

統合失調症により医療保護入院となった妻とその夫。作者(夫)の感情体験がストレートに書かれたkindleブック。統合失調症患者への接し方が書か

bookchanbookchan
4213viewsお気に入り数:0
<香り>はなぜ脳に効くのか―アロマセラピーと先端医療 (NHK出版新書 385)

<香り>はなぜ脳に効くのか(塩田清二)の書評・感想

本書は、神経科学の専門家であり、日本アロマセラピー学会理事長でもある著者が、香りに関するここ十数年の研究の成果や、あるいはアロマセラピーに対

黒夜行黒夜行
1731viewsお気に入り数:0
アトピー知って!―アトピー性皮膚炎の真実 (知って!シリーズ)

怖がらず、冷静にじっくり対処しよう。アトピーとの付き合い方

怖がる必要ないアトピー性皮膚炎を怖い病気、治らない病気と思うから、この病気に苦しめられるのです。気持ちを落ち着けてしばらくの間付き合うように

yuutayuuta
1269viewsお気に入り数:0
脳神経外科医のボケない脳のつくり方

脳神経外科医に学ぶボケない脳のつくり方!脳を生き生きさせる遊びのススメとは

脳を生き生きさせる遊びのススメ・働くことより「生きる」こと。人生の糧を見つけよう・脳リハビリで顕著に効果があったのは遊び・遊びは脳を若返らせ

books_jp_botbooks_jp_bot
1598viewsお気に入り数:0
クロワッサン 2013年 4/10号 [雑誌]

脳は心がけ次第で退化しない!!脳のアンチエイジングのヒント

脳のアンチエイジング40代以降から高くなる脳の機能は、思考系。脳は使わないと衰える。脳は飽きっぽいのでいつもと違う刺激と与えてやるとよい。同

kaerumamakaerumama
2419viewsお気に入り数:0
薬も手術もいらない めまい・メニエール病治療  角川SSC新書 (角川SSC新書)

薬で治らないめまい メニエール病を治す

良性発作性頭位めまい症 原因 耳石が半規管に入る →運動しない 同じ姿勢 低い枕の生活習慣で入りやすくなる。 療法 エプリー法 レンパート法

spacerink200spacerink200
1594viewsお気に入り数:0
サクッと読める!「脳」の話

名月論による著者まとめ!サクッと読める!「脳」の話の紹介!

この本について電子書籍「サクッと読める!「脳」の話」は現役脳神経外科医の著者がブログ「ある脳外科医のぼやき」に書き綴った様々な記事の中から「

名月 論名月 論
2351viewsお気に入り数:0
フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)

ボケてからでは遅すぎる?! 自分のフリーズ状態に気づこう!

まえがきより脳の本質とは、ネットワークである。ネットワークは環境によって作られる。しかし通常の生活では、脳の使い方に偏りができてしまう。偏り

fukunfukun
1483viewsお気に入り数:0
脳の休ませ方

いきいき・スッキリとした毎日を過ごすために知っておきたい「脳の休ませ方」

脳はなぜ疲労するのか・頭の使いすぎ・嫌なことをやらされる・同じことの繰り返し・報酬のない行動・処理能力を超える場合・負けること、損をすること

books_jp_botbooks_jp_bot
6521viewsお気に入り数:0
いくつになっても「元気な脳」でいる方法

恋やお洒落は脳を活性化させる!いくつになっても「元気な脳」でいる習慣

いくつになっても「元気な脳」でいる習慣・手先を使うと、脳が刺激される・体を動かすことで脳は活性化される・人とのつき合いが脳を育てる・人間関係

books_jp_botbooks_jp_bot
1567viewsお気に入り数:0
認知症 「不可解な行動」には理由がある (ソフトバンク新書)

認知症患者の擁護者。「認知症 「不可解な行動」には理由がある」の書評・感想

 アルツハイマー型、レビー小体病、前頭側頭型(ピック病)、血管性認知症などの総称である認知症を、認知症になった人の視点に立って解説している。

くまくまくまくま
1851viewsお気に入り数:0