医療本

医療本のまとめを紹介しています。ガン、糖尿病などの病気治療や症状、脳科学など医療に関する情報や本がわかります。

進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線 (ブルーバックス)

進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線の書評・感想

本作は、著者がアメリカ留学中に中高生に向けて行った講義を本にしたものです。親本が存在し、それは2年前に出版されました。今回、改めてブルーバッ

黒夜行黒夜行
1948viewsお気に入り数:0
単純な脳、複雑な「私」

脳の不思議と面白さをわかりやすく紹介しています。

恋愛脳内マジック何度も接していると、もうそれだけで好きになってしまうという性質が、脳にはある。「ロミオとジュリエット効果」は、女性の父親が「

poreporeporepore
2814viewsお気に入り数:2
「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法

あらゆる病気は体温低下が引き起こしていた!病気を治す「体を温める」方法

概要あらゆる病気は体温低下が引き起こしていた。だから体を温かくすれば、どんな病気も治る。体をふだんの食事や生活で安全、簡単に温める方法までを

books_jp_botbooks_jp_bot
4614viewsお気に入り数:3
脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方

脳を鍛えるには運動しかない理由。「運動+頭を使う」はセットで行う。どっちかだけだと成長が弱い

運動するだけで頭が良くなるとは書いてないから注意他の人の超簡単な要約「運動すると重要な神経化学物質や成長因子がどんどん放出され、ニューロンの

はにほーはにほー
11154viewsお気に入り数:4
脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方

脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方の書評・感想

はじめに 運動しないとな、と思いつつなかなか始められないとしたら、本書はあなたの背中をきっと押してくれるはず。読んだとたん、僕の体は勝手に動

すぐりびんごすぐりびんご
32832viewsお気に入り数:14
脳は0.1秒で恋をする

脳はすぐに恋をするようにできている

脳は恋をしたいんだねいろいろなシチュエーションを経ることで、場をつくることを学んでいく。「恋愛の場」というものをつくることができるようになる

図書 館子図書 館子
2878viewsお気に入り数:1
風邪の効用 (ちくま文庫)

風邪の効用の書評・目次紹介

まえがき風邪は自然の健康法である。風邪は治すべきものではない、経過するものであると主張する著者は、自然な経過を乱しさえしなければ、風邪をひい

近どう整体|群馬~東京近どう整体|群馬~東京
2264viewsお気に入り数:0
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

冴えない脳を治す!脳に効果的な15の習慣

習慣①:生活の原点をつくる■朝、一定の時間に起きて太陽の光を浴びれば、脳は活動モードになる■朝の時間に足、手、口を動かすのが思考系の脳を活性

Book-PointBook-Point
4660viewsお気に入り数:6
西原理恵子月乃光司のおサケについてのまじめな話 アルコール依存症という病気

西原理恵子によるお酒をやめたくなる名言

お酒をやめたくなる名言ただガマンし続ける人がいる。そんな人には「あなたも加害者ですね」とはっきり伝えます。だいたい、人は病気になるぐらいでは

maikomaiko
4085viewsお気に入り数:3
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

脳が冴えるヒント集!

脳が冴えるヒント一つ一つに仕事に集中しやすい環境を常に自分でつくる。それが身の回りの物の整理を優先させるということ人間をボケさせるもっとも確

ちむちむちむちむ
3231viewsお気に入り数:3
進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線 (ブルーバックス)

「進化しすぎた脳」 人間の脳がもつ驚くべきメカニズム

概要著者は東京大学大学院の薬学系研究科准教授。「海馬」などの著書あり。高校生を対象にした対話形式の講義をベースに、ユニークな実験結果を織り交

折笠 隆折笠 隆
10612viewsお気に入り数:7
脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)

脳の仕組みを理解し、悪い習慣をやめ脳を活かそう!「脳に悪い7つの習慣」

まえがき「頭の働きを良くする」には、「脳に悪い習慣」をすべてやめればいいだけ脳の仕組みを理解し、悪い習慣をやめ、脳を活かすための具体的な方法

yukasiyukasi
50221viewsお気に入り数:33
脳の科学史  フロイトから脳地図、MRIへ  角川SSC新書 (角川SSC新書)

脳研究の成果を「脳の科学史」の視点から解説!

概要脳研究の成果を科学史の視点から俯瞰する。著者はMRI(磁気共鳴画像法)の開発を手掛けた脳科学者。脳と電気脳神経の情報伝達は電気が担う。1

折笠 隆折笠 隆
5694viewsお気に入り数:1
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

良い習慣が脳を生まれ変わらせる! 「脳が冴える15の習慣ー記憶・集中・思考力を高める」

良い習慣が脳を生まれ変わらせる。習慣1生活の原点を作る脳を活性化させる朝の過ごし方。足・手・口をよく動かそう・朝起きる時間を決めて、生活のリ

kirinetterkirinetter
4358viewsお気に入り数:4
フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)

脳をボケ(フリーズ)させないためのヒント集

【フリーズする脳】1章・脳と言うのは基本的に怠け者で楽したがるように出来ている・最初は忙しいからやらないつもりでも、いつの間にか苦手になり、

Hashi26rHashi26r
10102viewsお気に入り数:5