医療本

医療本のまとめを紹介しています。ガン、糖尿病などの病気治療や症状、脳科学など医療に関する情報や本がわかります。

記憶力の正体: 人はなぜ忘れるのか? (ちくま新書)

記憶力、そのめくるめく謎とは?

自分自身30を迎えたのだが、年を取ったという印象もある。元々物忘れが激しいのだが、最近それが顕著になってきた。あるとき出かける際、靴を履き間

kuramaekuramae
4300viewsお気に入り数:0
イメージ脳 (岩波科学ライブラリー)

「イメージ」することは脳のどこで行っているのか?

人には誰にでもイメージ(想像)をすることができる動物である。そのイメージは右脳から来ていることはほぼ誰にでも知っているような話であるのだが、

kuramaekuramae
3876viewsお気に入り数:0
医学常識はウソだらけ 分子生物学が明かす「生命の法則」 (祥伝社黄金文庫)

医学常識はウソだらけ 分子生物学が明かす「生命の法則」

その常識、「命取り」になるかもしれません●医者要らずで生涯現役●リンゴの生産地で高血圧が少ない理由とは●小太りのほうが長生きする●風邪に特効

tamatama
3538viewsお気に入り数:1
間違いだらけの健康常識―新事実!β-カロチンでがんになる? (PHP文庫)

間違いだらけの健康常識―新事実!β-カロチンでがんになる?

実生活に必ず役立つ一冊●野菜ジュースさえ飲めば、本物の野菜は必要ない?●遺伝子組み替え食品はなぜ危険?●胃の痛みは本当にストレスが原因?新し

tamatama
3253viewsお気に入り数:1
長生きしたければ知っておきたい 健康常識○と×

長生きしたければ知っておきたい 健康常識○と×

病院では教えてくれない健康・医療の新常識●炭水化物は冷やすと血糖値が上がりにくくなる⇒◎●座りすぎると長生きできない⇒◎●丁寧な歯磨きは突然

tamatama
3203viewsお気に入り数:2
認知症予防の第一人者が教える 脳にいいこと事典

認知症予防の第一人者が教える脳にいいこと事典

★★本当に効くことだけ、集めました!★★認知症予防の第一人者、白澤卓二先生が監修です!一生健康な脳でいるために、手軽にできるけど、絶対に習慣

syuyansyuyan
5620viewsお気に入り数:0
祈りのカルテ

こんな医師に診察をお願いしたいかも

諏訪野良太は、現在、大学病院にて、2年間の初期臨床研修を受けている。その2年間で、さまざまな科を経験し、最終的な勤務先を決める事となる。まず

kaerumamakaerumama
5892viewsお気に入り数:0
脳の蘇らせ方: ルイケ式活性化強脳法 (22世紀アート) [kindle版]

脳研究への関心が高まる今日、その興味を倍加させるカンフル剤となりうる一冊!!

「脳の細胞は、その内側と外側からと同時に刺激を与え続けると、その刺激の量に応じて、細胞の一つ一つが電気を与えられて生きもののように動き始める

22世紀アート22世紀アート
7936viewsお気に入り数:0
民間療法のウソとホント (文春新書)

「民間療法」にも2種類ある!

本書は健康雑誌の元編集長が医学的なデータをもとに、有名な民間療法、および健康食品を検証しつつ、本当に効く民間療法、実は逆効果だった民間療法を

kuramaekuramae
9453viewsお気に入り数:0
暴走する脳科学 (光文社新書)

脳科学の研究は進化か?暴走か?

脳科学はこれまで当ブログでも、書評を行ってきた。もちろん脳科学という分野を説いた本には玉石混淆であることはもはや書くまでもない。しかしその脳

kuramaekuramae
5084viewsお気に入り数:0
「金縛り]の謎を解く  夢魔・幽体離脱・宇宙人による誘拐 (PHPサイエンス・ワールド新書)

「金縛り」を科学で紐解いてみると?

私自身そういった体験を一度もしたことがないのだが、なかには「金縛り」の体験をした方もいると言う。「金縛り」とは簡単に言うと、「動くことができ

kuramaekuramae
5689viewsお気に入り数:0
「精神病」の正体

精神科医師と見る「患者」とは。

心を癒す専門家ではなく、「医師」として、心の病に向き合ってきた人の一冊。精神医学の実態を織り交ぜつつ、そもそも精神病とは何なのか、について深

まーまー
5559viewsお気に入り数:0
二重洗脳―依存症の謎を解く

脳科学から見た「依存症」の正体

「洗脳」と言うとなにやら催眠術やカルトといったような要素を持っているようなものを連想してしまうのだが、「洗脳」される要素は、ゲームや食べ物、

kuramaekuramae
5528viewsお気に入り数:0
社会脳シリーズ7 小説を愉しむ脳: 神経文学という新たな領域

小説を愉しむにも、全ては「脳」から

小説を愉しめる人と、小説を愉しめない人の脳にはいったいどのような違いがあるのか。私は小説を書評している中で疑問に思ったことである。もちろん私

kuramaekuramae
5971viewsお気に入り数:0
効かない薬・効く薬 薬の見分け方

暴力行動には5ヒドロキシインドール酢酸が関与している。

「カレーはアルツハイマー病に効く」になった理由 2004年、金沢大学の山田正仁教授は、クルクミンが試験管内でアミロイドβの凝集を抑えた、と発

rihitorihito
11338viewsお気に入り数:0
うつも肥満も腸内細菌に訊け! (岩波科学ライブラリー)

腸は脳より先に存在し、脳を支配している。

まず腸があった 器官と呼べるものを初めて持った多細胞動物はクラゲやイソギンチャク、ヒドラなどの仲間である刺胞動物だ。刺胞動物は原始的な消化管

rihitorihito
781viewsお気に入り数:0
脳卒中患者だった理学療法士が伝えたい、本当のこと

気づきを得る機会

 23歳で脳底動脈梗塞を起こしてプロボクサーの夢を断念せざるを得なくなり、そこから奮起して理学療法士となった著者による、体験に基づくリハビリ

くまくまくまくま
908viewsお気に入り数:0
カビの科学 (おもしろサイエンス)

身近なカビの素顔

カビ、キノコ、酵母に共通している点●細胞核が膜を持つ(真核生物である)●細胞に葉緑体を持たない(光合成をしない)●キチンを細胞壁の骨格とする

rihitorihito
454viewsお気に入り数:0
抗生物質と人間――マイクロバイオームの危機 (岩波新書)

抗生物質を使用すると、感染しやすくなる。

精製が難しいペニシリンの供給者は「神」であった 1941年イギリスの警官が趣味のバラの棘で顔をひっかいたことから敗血症となりペニシリンが投与

rihitorihito
793viewsお気に入り数:0
かるたde漢方

かるたde漢方

Amazonレビュー親しみやすいイラスト。 ☆4漢方薬に適する人物像をイラストで説明してある本。この手の本は今までいくつか購入しましたが、こ

tamatama
637viewsお気に入り数:1