医療本

医療本のまとめを紹介しています。ガン、糖尿病などの病気治療や症状、脳科学など医療に関する情報や本がわかります。

口腔医療革命 食べる力 (文春新書)

噛むことは大事

「食べられないお年寄り」が急増している。誤嚥を恐れる医療現場が安易に「禁食」させることで、口の機能が衰え、退院後も食べることが出来なくなって

raftelraftel
180viewsお気に入り数:0
薬の相互作用としくみ 全面改訂版

薬と相互作用のしくみ

薬の相互作用は「しくみ」から予測せよ!「なぜ起こる?」「併用すると何が起こる?」「どう回避する?」を1冊で丸ごと学べます。薬物療法にかかわる

tamatama
166viewsお気に入り数:0
がんになる性格、ならない性格 (廣済堂健康人新書)

ストレスががんを育てる

ヒポクラテス、ガレヌス、アイゼンクら、病気と体質、気質、性格などの関係を重視する考え方を引き継ぎ、科学的事実に基づく標準的な医療とこころの関

くまくまくまくま
191viewsお気に入り数:0
すべての医療機関で役立つ 抗菌薬耐性対策サーベイランス必読ガイド

抗菌薬の不適切な使用を防ぐための分析手法

DDD(defineddailydose) 医薬品の主な適応症に対する成人の1日仮想平均維持量。 注意点として、1:主な適応症に対して設定さ

rihitorihito
216viewsお気に入り数:0
薬局 2016年 08 月号 [雑誌]

中年期の脂質異常症は認知症のリスクである。

問1.コレステロールに関する記述として正しいものの組み合わせを選んでください。a)生合成は主に肝臓において夜間をピークに行われる。b)ヒト体

rihitorihito
399viewsお気に入り数:0
対人関係療法でなおす 社交不安障害

対人関係療法でなおす 社交不安障害

SAD(社会不安障害)についてSADでは「人前で恥ずかしい思いをするのではないか」と過剰な心配をするために恐怖心が非常に強くなり、そのような

akeminakemin
284viewsお気に入り数:0
「ぐずぐず脳」をきっぱり治す!  人生を変える7日間プログラム

7日間であなたも劇的な変化が訪れる⁈

脳のトリセツ①脳は、光の強弱に支配されてホルモンを分泌する(早寝早起き、なるべく決まった時刻に)脳のトリセツ②脳は、眠っている間に進化する(

kaerumamakaerumama
380viewsお気に入り数:0
ドラッグデリバリーシステムの新展開―究極の薬物治療をめざして (ファインケミカルシリーズ)

DDS(ドラッグデリバリーシステム)

DDSとは医薬品の有効時間を長くしたり吸収を改善したりするための技術。放出制禦徐放製剤化薬をゆっくり溶け出させることで、血液中の薬物濃度を一

tamatama
282viewsお気に入り数:0
女性泌尿器科医が教える 自分で治す!尿トラブル―骨盤底を鍛える!食事でケアする! (主婦の友パワフルBOOKS)

頻尿の原因はいろいろ

「トイレが近い」が寒さのせいでないことも寒くなると、汗や水蒸気となって体外に出ていく水分量が減り、体内の水分量が増えすぎてどうしてもトイレが

akeminakemin
273viewsお気に入り数:0
間違いだらけの抗ガン剤治療―極少量の抗ガン剤と免疫力で長生きできる。 (ベスト新書)

医療用の「麻薬」について

医療用麻薬と呼ばれるもの麻薬というと「怖い」「危険」といったイメージがあるかもしれないが、医療用麻薬と呼ばれるものが存在する。これは覚せい剤

tamatama
185viewsお気に入り数:0
卵・牛乳・小麦を使わないアレルギーの献立―全103レシピ掲載

食物アレルギー患者への投与禁忌医薬品

一般用医薬品鶏卵●リゾチーム塩酸塩薬効分類:総合感冒薬、鎮咳去痰薬、鼻炎用内服薬、口腔咽喉薬、歯痛・歯槽膿漏薬、外用痔疾薬など●卵黄薬効分類

tamatama
326viewsお気に入り数:0
アレルギー医療革命 花粉症も食物アレルギーも治せる時代に!

食物アレルギーに関する知識

食物アレルギー全般定義食物によって引き起こされる抗原特異的な免疫学的機序を介して生体にとって不利益な症状が惹起される現象症状例●皮膚:紅斑、

tamatama
277viewsお気に入り数:0
高血圧診療ハンドブック―エビデンスに基づく、食事・運動・薬物療法の進め方

高血圧の検査

診断のための検査異なる測定法における高血圧基準(収縮期血圧・拡張期血圧 単位:mmHg)・診察室血圧 収≧140かつ/または 拡≧90・家庭

tamatama
332viewsお気に入り数:1
ほうっておくと本当に怖い 糖尿病と合併症はこれを知っているだけでどんどん治る!

糖尿病の検査

診断のための検査HbA1c採血時から過去1~2ヶ月間の平均血糖値を反映。耐糖能正常者の基準値:4.6~6.2%グリコアルブミン(GA)過去約

tamatama
264viewsお気に入り数:1
知らないと怖い食物アレルギー―あなたにも潜むこの現代病から身を守る本 (KAWADE夢新書)

食物アレルギーの食事療法

原因は蛋白質アレルギー反応は抗原(アレルゲン)と呼ばれるアレルギーのもとになるものを摂取することで起こる。抗原が体の中に入ると抗体ができ、そ

tamatama
383viewsお気に入り数:1
貧血の人の食事 (健康21シリーズ)

貧血の食事療法

貧血の大部分は鉄分不足が原因血液の中にあるヘモグロビンの量が少ない状態が貧血。ヘモグロビンは体内にある酸素を運ぶ働きがあるため、貧血になると

tamatama
357viewsお気に入り数:1
肥満症・痛風の食事療法 (食事療法シリーズ)

肥満症の食事療法

誰でも必ず成功する減量法とは下記の大原則を抜きには痩せることは難しい。摂取カロリーを消費カロリーより減らす減量の基本は実に単純で、出ていくカ

tamatama
368viewsお気に入り数:1
痛風の食事療法 (新・食事療法シリーズ)

痛風の食事療法

痛風の原因は血液中の尿酸痛風はその名の通り、風に当たっても痛むというほど激しい痛風発作をもたらす。発作の原因は尿酸で、血液中に尿酸が増えすぎ

tamatama
268viewsお気に入り数:2
これでわかる危険な不整脈の診かたと治療―心臓突然死を予防するノウハウを知る

不整脈治療薬

Ⅰa群:Naチャネル抑制、Kチャネル抑制シベノールピメノールリスモダンⅠb群:Naチャネル抑制、Kチャネル開放促進アスペノンキシロカインメキ

tamatama
296viewsお気に入り数:1
今日の治療薬2017 解説と便覧

インフルエンザ治療薬

ノイラミニダーゼ阻害薬A型・B型両方のインフルエンザウイルスの増殖を防ぐ。48時間以内に使用。イナビル吸入。最大の特徴は、1回吸入するだけで

tamatama
218viewsお気に入り数:1