医療本

医療本のまとめを紹介しています。ガン、糖尿病などの病気治療や症状、脳科学など医療に関する情報や本がわかります。

軟膏・クリーム配合変化ハンドブック 第2版

軟膏・クリーム配合変化ハンドブック

皮膚外用剤の混合調剤に欠かせない一冊軟膏・クリームなどの混合調剤に関する情報をまとめた皮膚外用剤に関する処方・調剤の適正使用に欠かせない書籍

tamatama
442viewsお気に入り数:0
簡易懸濁法マニュアル

簡易懸濁法マニュアル

簡易懸濁法の写真入りマニュアル簡易懸濁法の手順を豊富な写真を使ってわかりやすく解説するだけでなく、粉砕指示の処方を応需した時点での要確認ポイ

tamatama
447viewsお気に入り数:0
抗がん薬おさらい帳

抗がん薬おさらい帳

抗がん薬治療の基本的な考え方や実際がわかる!「抗菌薬おさらい帳」の姉妹書。おさらい帳シリーズ第2弾は「抗がん薬」を取り上げています。抗がん薬

tamatama
408viewsお気に入り数:0
今日から取り組む 実践! さよならポリファーマシー

さよならポリファーマシー

ポリファーマシーについての疑問を解消!本書は、ごく標準的な現場の薬剤師が今欲しい情報を盛り込み、現場で即戦力として使え、かつ無理なく取り組め

tamatama
351viewsお気に入り数:0
麻薬・向精神薬・覚せい剤管理ハンドブック 第9版

麻薬・向精神薬・覚せい剤管理ハンドブック 第9版

関係者必携の実務手引書本書は麻薬等の乱用による弊害を防止し、麻薬が適正かつ円滑に患者に提供され、有益に活用できるよう、医療従事者、医薬品取扱

tamatama
355viewsお気に入り数:0
ハイリスク薬チェックシート 第3版

ハイリスク薬チェックシート 第3版

チェックシートで質の確保と効率化が向上特定薬剤管理指導加算の対象となるハイリスク医薬品について、薬剤・薬効ごとの①副作用モニタリングのポイン

tamatama
356viewsお気に入り数:0
医師ともっと話せるようになるための 基本的臨床医学知識

医師ともっと話せるようになるための 基本的臨床医学知識

内容紹介もっと病態を深く理解して薬物治療に参加するには?薬剤師の専門知識を医師にもっとうまく伝えるには?誰も教えてくれなかったできる薬剤師に

tamatama
325viewsお気に入り数:0
Drugs-NOTE2017 ドラッグノート

Drugs-NOTE2017 ドラッグノート

忙しいけど調べたいときの、ちょっとした確認のためのノート業務中の調べもの対策として、携帯性とスピードに特化した医薬品の情報集。ノート部分付き

tamatama
327viewsお気に入り数:0
王子様のくすり図鑑 (じほう図鑑シリーズ)

王子様のくすり図鑑

たたかえ!“子どものくすり”たち“子どものくすり”と病気を楽しく学べる、じほう図鑑シリーズ第2弾!主人公であるくすりの国の王子様は、「かぜ」

tamatama
601viewsお気に入り数:0
王様のくすり図鑑

王様のくすり図鑑

くすりたちを個性的なキャラクターで描いた、絵巻物的大図鑑みんなが知っているくすり全58種類が個性的なキャラクターになって王様のからだの中で奮

tamatama
529viewsお気に入り数:0
皇帝の漢方薬図鑑 (じほう図鑑シリーズ)

皇帝の漢方薬図鑑

じほう図鑑シリーズ第3弾!『王様のくすり図鑑』、『王子様のくすり図鑑』に続く、「じほう図鑑シリーズ」の第3弾。おとぎ話のように漢方薬(和漢)

tamatama
539viewsお気に入り数:0
危険ドラッグの基礎知識 (KS医学・薬学専門書)

「脳内報酬系」が薬物依存に関与している

「脳内報酬系」が薬物依存に関与している。私たちの脳内には、陶酔感や多幸感といった「好ましい効果」を引き起こす「脳内報酬系」と呼ばれる神経回路

rihitorihito
352viewsお気に入り数:0
口腔医療革命 食べる力 (文春新書)

噛むことは大事

「食べられないお年寄り」が急増している。誤嚥を恐れる医療現場が安易に「禁食」させることで、口の機能が衰え、退院後も食べることが出来なくなって

raftelraftel
447viewsお気に入り数:0
薬の相互作用としくみ 全面改訂版

薬と相互作用のしくみ

薬の相互作用は「しくみ」から予測せよ!「なぜ起こる?」「併用すると何が起こる?」「どう回避する?」を1冊で丸ごと学べます。薬物療法にかかわる

tamatama
408viewsお気に入り数:0
がんになる性格、ならない性格 (廣済堂健康人新書)

ストレスががんを育てる

ヒポクラテス、ガレヌス、アイゼンクら、病気と体質、気質、性格などの関係を重視する考え方を引き継ぎ、科学的事実に基づく標準的な医療とこころの関

くまくまくまくま
316viewsお気に入り数:0
すべての医療機関で役立つ 抗菌薬耐性対策サーベイランス必読ガイド

抗菌薬の不適切な使用を防ぐための分析手法

DDD(defineddailydose) 医薬品の主な適応症に対する成人の1日仮想平均維持量。 注意点として、1:主な適応症に対して設定さ

rihitorihito
412viewsお気に入り数:0
薬局 2016年 08 月号 [雑誌]

中年期の脂質異常症は認知症のリスクである。

問1.コレステロールに関する記述として正しいものの組み合わせを選んでください。a)生合成は主に肝臓において夜間をピークに行われる。b)ヒト体

rihitorihito
516viewsお気に入り数:0
対人関係療法でなおす 社交不安障害

対人関係療法でなおす 社交不安障害

SAD(社会不安障害)についてSADでは「人前で恥ずかしい思いをするのではないか」と過剰な心配をするために恐怖心が非常に強くなり、そのような

akeminakemin
419viewsお気に入り数:0
「ぐずぐず脳」をきっぱり治す!  人生を変える7日間プログラム

7日間であなたも劇的な変化が訪れる⁈

脳のトリセツ①脳は、光の強弱に支配されてホルモンを分泌する(早寝早起き、なるべく決まった時刻に)脳のトリセツ②脳は、眠っている間に進化する(

kaerumamakaerumama
528viewsお気に入り数:0
ドラッグデリバリーシステムの新展開―究極の薬物治療をめざして (ファインケミカルシリーズ)

DDS(ドラッグデリバリーシステム)

DDSとは医薬品の有効時間を長くしたり吸収を改善したりするための技術。放出制禦徐放製剤化薬をゆっくり溶け出させることで、血液中の薬物濃度を一

tamatama
498viewsお気に入り数:0