思想本

思想本のまとめを紹介しています。現代思想や政治思想など思想に関する情報や本がわかります。

自由とは何か (講談社現代新書)

手段に過ぎない自由の目的化

そもそも何のための自由か。仮に自由になりえた時に、目指すべき価値とはなんなのか。生きる目的ともいえるこの価値は、語り得ぬものである。それゆえ

slainteslainte
295viewsお気に入り数:0
小さな悩みを大きな愛にかえる まほろばマジック

小さな悩みを大きな愛にかえる まほろばマジック

明確な答えのない精神世界を、わかりやすい言葉と例えで解説。【善く生きる】をテーマにした、人生の参考書!

GALAXY BOOKSGALAXY BOOKS
762viewsお気に入り数:0
人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか (新潮新書)

人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか

抽象思考についての本。前半では抽象思考とはなんぞやということについて説明している。後半ではいかにして抽象的な思考力を身につけるか、そして発想

SassoonSassoon
1285viewsお気に入り数:0
日本文化のかくれた形

外来思想の共通的な『修正』パターン。集団内部の構造が厳格な上下関係(「垂直」の秩序)によって成り立つ

日本文化のかくれた形外来思想の『修正』パターンにこそ、日本人らしさがある。日本の多少とも体系的な思想や教義は内容的に言うと古来から外来思想で

violetReadervioletReader
20382viewsお気に入り数:0
日本の思想 (岩波新書)

マス・コミュニケーションのまっただ中におけるディス・コミュニケーション―「あるある」の構造

Ⅰ 日本の思想 日本思想史の包括的な研究がなぜ貧弱なのか 日本における思想的座標軸の欠如 自己認識の意味 いわゆる「伝統」思想と「外来」思想

さといもさといも
2411viewsお気に入り数:0
フシギなくらい見えてくる!  本当にわかる現代思想

現代思想を1テーマ2~4ページでまとめた、ご存知「本当にわかる」シリーズの現代思想版。

メモ資本主義が経済活動の自由な競争を原理とするのに対して、共産主義は経済的な平等の観点から私的所有を制限するマルクスによると「イデオロギー」

経済本とかマンガとか経済本とかマンガとか
1913viewsお気に入り数:1
震災から語る――別冊思想地図β ニコ生対談本シリーズ1

震災から語る3つのこと。ニコ生対談が本になりました!

第1章 福島から考える言葉の力/和合亮一■震災と詩と言葉・震災後にはいろんなものが全く違って見える。・もっと直接性をもってダイレクトに相手に

atsumoatsumo
1639viewsお気に入り数:1
運命を創る (人間学講話)

「人の運命の原理」と「組織盛衰の原則」を解き明かす本「 運命を創る」

概要我々の人生を大きく左右する「運命」。この絶対的な存在を変えることはできるのか。東洋思想・人間学の泰斗と呼ばれる安岡氏が興味深い事例をもと

reading_boxreading_box
5142viewsお気に入り数:1
永遠の吉本隆明 (新書y)

吉本隆明とはどんな思想家なのか?

吉本隆明とはどんな思想家なのか戦後思想のなかでもっとも偉大で巨大な存在のひとり権力をなぜ否定しなくてはならないのか?=自由と国家に関わる根本

sanktulosanktulo
2349viewsお気に入り数:0
共同幻想論 (角川文庫ソフィア)

共同幻想論を考える

序共同幻想:=個体としての人間の心的な世界と、心的な世界がつくりだした以外のすべての観念世界禁制論民族譚をかんがえるとき重要なこと=幻想の共

sanktulosanktulo
2614viewsお気に入り数:0
一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル

一般意志2.0を理解するための15のポイント!

まとめ作者注記見出し括弧内はまとめ作者によるものです。書籍において、章題は「第*章」とのみ書かれています。序文本書は、情報技術が民主主義を実

小鳥小鳥
13337viewsお気に入り数:3
「市民」とは誰か―戦後民主主義を問いなおす (PHP新書)

「市民」の比較、プライドなき「市民」

西欧甘く見るべからず “多くの分野の研究者がもはやヨーロッパから学ぶべきものはなくなったという。しかし、それは河のあちこちを「コソ泥』のよう

daichi kanazashidaichi kanazashi
1739viewsお気に入り数:1
思想地図β vol.2 震災以後

思想地図β vol.2 震災以後の参加著者の紹介!

はじめに日本に住む上で避けられない、震災というものをどう向き合っていけばいいのか。これからをどう考えるか、今をどう捉えるか、日本人として日本

misosouplovermisosouplover
3000viewsお気に入り数:1
マルクスを再読する―「帝国」とどう闘うか

マルクスの社会主義の特徴

はじめに行き過ぎた資本主義に批判がなされることも増えてきた。マルクスの思想を全否定するのではなく、取り入れられるとこもあるんじゃないか的な議

kobataku_tkkobataku_tk
9418viewsお気に入り数:1
マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)

君主篇と国家篇まとめ 「マキアヴェッリ語録」

はじめにこの本はマキャベッリの言葉、思想の抜粋になります。当時を生きた人々ならば誰もが知っているが、現代に生きる私たちは余り知らないような人

hisahisahisahisa
2012viewsお気に入り数:3