雑学本

雑学本のまとめを紹介しています。ためになるトリビア情報や雑談で盛り上がりそうな雑学ネタがわかる情報や本が見つかります。

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)

電車の中と外では時間が違う!?

 重力について様々な知人の逸話を盛り込みながら書かれている本。難しいイメージである相対性理論、量子力学、超弦理論などを理数系でない人でも読み

ils.t.nils.t.n
3481viewsお気に入り数:0
図解 なんかへんな生きもの [kindle版]

なんかへんな生き物は、くすっと笑える生物記

目次空の生き物コゲラとゴリラの違いがわかるようになる。コゲラは鳥。水の生き物ペンギンの一生が切ない。身近な生き物伝説の鶏が怖すぎてトラウマに

北村拓也北村拓也
4056viewsお気に入り数:0
つい誰かに話したくなる雑学の本 (講談社プラスアルファ文庫)

つい誰かに話したくなる雑学の本

ふだんは気にならないことも、聞かれると答えられない。調べようとしても何を見ればよいかわからない。消えては浮かぶ日々の疑問はこれ一冊で解決。気

tamatama
3830viewsお気に入り数:1
雑学「ウラ事情」おもしろ事典 (王様文庫)

雑学「ウラ事情」おもしろ事典

考えれば考えるほど夢中になれる「大人のための雑学」●なぜ、兄弟都市ではなく「姉妹都市」という?●なぜ、電話と電卓で「数字ボタンの配列」が違う

tamatama
4560viewsお気に入り数:1
子どもと楽しむ 日本びっくり雑学500 [kindle版]

子どもと楽しむ 日本びっくり雑学500

★★日本人のサンタクロースがいる!?カタツムリには歯が1万2000本もある!?★★おじいちゃんおばあちゃんが、思わず子どもに教えてあげたくな

syuyansyuyan
6408viewsお気に入り数:0
花嫁はなぜ顔を隠すのか

結婚式の「角隠し」や「ヴェール」にはある秘密があった。

結婚式に出席したことはこれまで1回か2回くらいしかないのだが、結婚式にて花嫁は和式だと白無垢、様式だとウェディングドレスをまとって登場する。

kuramaekuramae
6213viewsお気に入り数:0
かなり変だぞ「クラシック通」 (幻冬舎ルネッサンス新書)

クラシック通はどこまで「変」なのか?

私自身クラシックを聴くことが多いのだが、本や雑誌を読んだり、実際に演奏会に行ったりしてみると、「クラシック通」なるものがいる。本書はクラシッ

kuramaekuramae
5865viewsお気に入り数:0
トリビアの泉~へぇの本~(1)

トリビアの泉~へぇの本~(1)

高へぇランキング90へぇ以上「できるかな」のノッポさんはしゃべたことがある小便少女もいる18世紀、ミイラは汽車の燃料に使われていた目玉オヤジ

purinpurin
799viewsお気に入り数:0
元刑務官が明かす東京拘置所のすべて―取り調べ、衣食住、死刑囚の処遇…知られざる拘置所暮らしの全貌

死刑執行の流れ

死刑囚とは死刑の判決が確定した囚人に対する人間である。死刑が執行されるまでその身柄は行刑施設に拘束される。懲役囚との違いは?罪をおかしたもの

purinpurin
2333viewsお気に入り数:0
頭にやさしい理科系雑学―意外かもしれない! (快楽脳叢書)

頭にやさしい理科系雑学

体温計の目盛りが42℃までなのは?それ以上の体温上昇が起こると人間は死亡する危険があるので、それ以上測れないように42度で止め、それ以上上昇

purinpurin
891viewsお気に入り数:0
数字でわかる 人体の奇跡

数字でわかる人体の奇跡

人体にまつわる数字は、まさに奇跡としか言いようがない世界だ。知られざる人体の秘密を徹底解明。一部抜粋。肝臓は4分の3切除できる。内臓の中で唯

tamatama
1050viewsお気に入り数:2
理科系雑学―どん欲な「好奇心」を100パーセント満足! (知的生きかた文庫)

理科系雑学―どん欲な「好奇心」を100パーセント満足!

一部抜粋。人の体ってすごい仕組みを持っている!小指を曲げようとすると薬指もつられて動くのはなぜ?小指の神経と薬指の神経は、脊髄の中でくっつい

tamatama
760viewsお気に入り数:2
財産としての一分間雑学―これは役立つ! (知的生きかた文庫)

財産としての一分間雑学

身のまわりの科学に強くなる!色のある石鹸でも泡はなぜ白い?泡の表面はなめらかで、表面反射によって全部の色が反射されるため。危険・ストップはな

tamatama
1074viewsお気に入り数:2
雑学大学 (PHP文庫)

雑学大学

文学部「吾輩は猫である」のモデルが存在した?「名前はまだない」はずの猫は、じつは著者の夏目漱石が実際に飼っていたと思われる。原稿用紙はなぜ四

tamatama
807viewsお気に入り数:1
色の秘密―知りたかった博学知識 (KAWADE夢文庫)

地球が青いのは海の色ではない!?

地球を青い惑星にした「フィトンチッド」とは?人類が初めて宇宙から地球を眺めた人、ガガーリンの言葉は、「地球は青かった」だった。これは、地球の

rihitorihito
1164viewsお気に入り数:0
アレの名前大百科

いくつ知ってますか?

クロージャー、アルベド、ランドルト輪、カラザ、ろくろ・はじき、フランス落とし(フラッシュ・ボルト)、グレイビーボート・ソースレードル、フェル

kaerumamakaerumama
1079viewsお気に入り数:0
つい誰かに話したくなる雑学の本 (講談社プラスアルファ文庫)

タクシーがバックするとメーターは?

タクシーがバックするとメーターは タクシー料金を加算する方法は、走行距離と時間の併用になっています。 距離の場合は、前進のみが加算の働きをし

rihitorihito
1509viewsお気に入り数:0
本当は怖い京都の話

本当に怖~い京都の話 

 日本が誇る千年の古都には、歴史の闇が隠されていた!本当は怖い京都の話…京都が好きか方向けの作品です。彩図社刊行の1冊。ガイドブックには載ら

koh.ishida0523koh.ishida0523
1697viewsお気に入り数:0
似ていることば

今まで気になっていたことがすっきり?

明らむ、赤らむアサガオ、ヒルガオアザラシ、アシカ足、脚あふれる、こぼれる現す、表すあんみつ、みつ豆池、湖糸こんにゃく、白滝イモリ、ヤモリ陰、

kaerumamakaerumama
1481viewsお気に入り数:0
経験を盗め

音についてちょっと知ろう

その道の人が36人。出し惜しみは禁止の、うれしいおしゃべり! 糸井重里の対談をまとめた本です。そこから、音のおもしろい話をまとめました。音に

violetReadervioletReader
21609viewsお気に入り数:0