起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと

起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと

  • 磯崎哲也
  • 日本実業出版社
このエントリーをはてなブックマークに追加

この本のまとめ一覧

SATASATA

<01 ベンチャーファイナンスの全体像>優秀な人材は大企業や役所で、終身雇用的に働いているケースが多く、そうした優秀な人が身につけるのは特定の企業でした通用しな...

ユーユー

日本は起業家にとって冷たい国だろうか?その答えはNOである。日本のベンチャーに対する投資の比重自体が他国と比べると小さいのは確かであるが、ベンチャー企業に対して...

ToshiMiyachiToshiMiyachi

はじめに最初のページに、「事業やビジネスモデルのコアになる部分は、各起業家のみなさんに考えていただくしかありません。しかし、ベンチャー企業の財務(ファイナンス)...

starginestargine

資本政策とは「どんな株主に、いくらの株価で、何株分の株式やストック・オプション(潜在株式)を割り当てるか」書類への記載必要事項:株式数、調達金額、出資比率、株主...

RyotoInoueRyotoInoue

日本は起業家に冷たい国だ、ベンチャー起業には向いていないと言われることがしばしばあるが、それは事実とは異なる。制度や支援は十二分に整えられている。ただ、それに応...

kinoshitaykinoshitay

はじめにネットイヤーのCFO、その後ベンチャーの役員・監査役を複数社務めている磯崎さんの本。①ベンチャーをやるにはイメージが大切ベンチャーはルールを知っているだ...

julyjuly

起業(スタートアップ)時のファイナンスについて全体像のイメージを掴むのに適した一冊。起業したいと思っている人に読んでほしい。目次序章 なぜ今「ベンチャー」なのか...

TanarinkoTanarinko

起業を志す人のはじめの一冊に。ベンチャーにはイメージが大事囲碁や将棋において基本ルールを覚えただけでは、中上級者には全く歯がたたない。このとき必要な物は、定石で...

kazumakazuma

ベンチャー企業を始め、動かしていく際に、注意すべき点・考慮すべきことが具体的にまとめられた本である。・上場準備は早くから始めるべし上場に関わる人の役割…監査法人...

戸栗 充慶戸栗 充慶

起業には様々な課題が存在する。投資家との契約の結び方、そして事業計画の書き方、資本政策の作り方のようなテクニカルなもの。さらには財務上の十分な知識、法律の知識も...

tsukatsuka

起業を考えるうえで大切な情報が分かりやすくまとまっている一冊序章 なぜ今「ベンチャー」なのか? ・不況時は起業のチャンス ・資金調達のいらない起業が増えている ...

muratayusukemuratayusuke

磯崎さんの著書【目次】第1章 ベンチャーファイナンスの全体像第2章 会社の始め方第3章 事業計画の作り方第4章 企業価値とは何か第5章 ストックオプションを活用...