読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

  • 佐藤優
  • 東洋経済新報社
このエントリーをはてなブックマークに追加

この本のまとめ一覧

principle22principle22

最初に本書は、「読書の技法」というタイトルではるが、物の見方・考え方・表現の仕方まで視野に入れており、知の技法についての入門書と考えた方がよい。熟読の技法【熟読...

baramasabaramasa

■基礎知識の大切さ・読書量ではなく、根底の基礎知識と思考力。 →これらが速読を支えている。速読を目標にすべきでない。・基礎知識は熟読でしか身に付かない。 熟読す...

RionelRionel

筆者の速読の技法とは、正しい知識を身につけるために読むべき本を選定し、時間対効果を最大化させるための手法である。1部 どう読むか【超速読の技法】5分(300〜4...

みつかみつか

まず睡眠3時間、超人だよ!ロシア語英語は辞書なしでおよそ読めて、他の言語にも興味があるようで趣味のように独学なさっている様子。超速読:目次をおって概略を掴む、読...

reading_boxreading_box

本書の名言「知は力」であり「力は知」である。知力をつけるために、読書は不可欠である読書術が知の技法の中で最も重要なのは、時間が人間にとって最大の制約条件だからで...

bubbub

はじめに読書って大切だよね。でもただ読むだけじゃダメだよ。それをこれから書くよ。第1章 多読の技法はじめから「速読」はできない。じっくり読むことで早く読むことが...

misdo1962misdo1962

まとめると、熟読法のポイントは、以下である。第一部本はどう読むか第二章熟読の技法基本書をどう読みこなすかp.49速読術とは、熟読術の裏返しの概念にすぎない。熟読...

champlechample

平均1ヶ月に300冊も本を読む佐藤優氏の読書法について書かれた本。速読の根本には熟読によるテーマへの理解が必須である。ここでは、熟読と速読の手順と読書メモのポイ...

この本のPOP

  • 読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門のPOP(1)