人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない

人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない

  • 見城徹,藤田晋
  • 講談社
このエントリーをはてなブックマークに追加

この本のまとめ一覧

うめ吉うめ吉

自分を追い込め・考えに、考えて、考え抜け→「悩む」と「考える」は違う。考えるは前進である。考えることは苦しい。しかし、考え抜くことでしか自分の人生を豊かにするこ...

本で人生は変わる本で人生は変わる

1.アイデアには縛りが必要俳句がここまで豊かな表現になったのは、五七五という定型があったからだ。しかもその短い中に、季語まで入れなければならない。何と強い制約だ...

cocotomitcocotomit

◆1 自分を追い込め・蝶のように舞い、蜂のように刺せ・縛りがあるから面白い・居心地の悪いところに宝あり◆2 人付き合いの基本・感想こそ人間関係の最初の一歩・秘書...

kouji_ikouji_i

形式に縛られるな年賀状を五百通出したとして、一体どれだけの効果があるだろうか。五通でも、ちゃんと心のこもった手紙を、悪戦苦闘して書いたほうがよほどいい。真心を忘...

violetReadervioletReader

ビジネスだけにとどまらず、より日常の局面において、人としてまっとうに生きていく上で、何が大切で何が無駄かを、見城氏の言葉を藤田氏が紐解いていきます。その中から響...

要点まとめ要点まとめ

“縛りは、人から底知れぬエネルギーを引き出す力をひめている。”“確実に勝利をつかむには、「これしかない」というところまで自分を追い込み、考え抜かなければならない...

図書 館子図書 館子

幻冬舎が強い理由-見城徹の出版哲学-本を作るとき、僕は考えに考えて考え抜く。フォント(容体)、開いたときの余白、表紙のデザイン、帯の文旬、宣伝方法など、細かいと...